ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第396回ワイン大学定例会@ The French Blue 天満橋
天満橋にはワイン大学開設当時お世話になったクードポールさんをはじめたくさんのレストランがあります。今は独立してビストロ・クードポールのワインを楽しむ会として毎月第1木曜の午後8時開催していますが、他には最近お世話になっているフランス料理 Origin オリジンさんもそのすぐ近くにあります。

そして今回は初の試みとして The French Blue 高石料理長にお願いしました。


先ずはシャンパーニュで乾杯、アミューズグールは長崎のイサキのマリネをガスパチョと共に。よく活かったイサキに薫り高いトマトのガスパチョが清々しい。


独自の仕入れルートがおありとのことで2番目のアミューズは「軽く火を入れた但馬牛のタルタル」添え物も非常に効果的です。


おっと、事件発生です。何と1本が酷いブショネ。そんなときに備え予備を用意していたので事なきを得ましたが、やはりブショネは困ります。私はかなり前からブショネ対策をインポーターに要請しています。買う側からの要求はよほどのことが無い限り通るはずですので生産者にお願いしてもらいたいです。

ブショネの原因はコルクだけではなく醸造所内部の例えば天井とか壁に木材を使っている場合も発生する可能性はあるので、その辺も含めて買う側の意識を高めてもらいたいと思います。ブショネ対策済みのコルクについてはこちらをご覧下さい。


前菜その1はパートで包んで揚げた稚鮎とズッキーニのスープ。


前菜その2はオマールと云いたいところですが、実は阿寒湖のエクルヴィス。そのエクルヴィスのポッシェとジュレの一皿です。


本日の魚は高級魚白甘鯛の鱗焼き、ソース・ヴァン・ブラン。


お口直しのグラニテ。


メインは子羊背肉を黒オリーヴの生地で包んでローストしてあります。


本日のフロマージュはブルー・ドーヴェルニュとブリア・サヴァランそしてミモレット。チーズ好きには堪らないブリア・サヴァランが旨い。


デセールはシェーブルのタルトとスフレグラスに2種類のキウイ・フルーツ。


ミニャルディーズも登場しました。

お肉料理がお得意の様子ですので、秋になってからタルタルとローストビーフの会をお願いしたいと思います。
| ワイン大学 |
| 04:00 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::第396回ワイン大学定例会@ The French Blue 天満橋
All Rights Reserved./Skin:oct