ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第224回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今回は超常連メンバーさんがご欠席で静かな一夜と相成りましたが、取り敢えずは滞りなく終了しました。画像が消えてしまいパソコン内の大捜査作戦の末やっと見つかりましたのでブログに残します。


先付はワイングラスに蓴菜酢、秋田県産のプリプリゼリーが特徴ですがちょっと酢が強過ぎたかもしれません。食前の酢の物は消化促進のためには効果的です。


私が選ぶシャンパーニュは原則というか殆どマルヌ県産に限ります。シャンパーニュ地方とはパリから東北方向に150キロほど離れた地域であり、マルヌ県の領域であります。シャンパーニュ・グラン・クリュならびにシャンパーニュ・プルミエ・クリュはすべてマルヌ県のコミューンです。エチケットに生産者の所在地が記されてますが郵便番号にご注目下さい。「51120」とかとにかく「51」から始まる51000台の郵便番号ならマルヌ県原産であります。

このシャンパーニュは樽醗酵のあと敢えてマロラクティック醗酵を行わずに第2次醗酵されたもの。まあこの辺は好みなんですけどね。


口取は真ん中にナスタチウムの葉の上にさえずり山葵醤油、左上から時計回りに八尾は恩地の枝豆、水茄子浅漬け、焼いた万願寺唐辛子、ユキノシタの天麩羅。


本日の特選素材白身の王者の登場です。


脂ののった白身魚にはボルドーの赤が似合います。今はもうその存在自体がなくなってしまったシャトー・ベエーレの2012年。ベエーレ・クルタンではなく単なるベエーレは殆ど知られていません。


煮物として鱧の湯引きに鱧皮。この鱧も本日の特選素材也。


焼物は本日の超特選素材天然鮎、海部川でとれたこの時期としてはかなりの大物2尾。殆ど焦げ目の無い焼き方なので鮎本来の風味を楽しむことが出来ます。


合わせるワインはヴィレ・クレッセのこちら。知る人ぞ知る白ワイン。




酢の物として舞鶴産の鳥貝、しかも大物が2個。これまた本日の特選素材です。片方は軽く炙ったもの、もう一方は生です。


揚物はなんと鮑丸ごと1杯を天麩羅に、そしてその肝のソース。ナイフとフォークが必要でした。

大昔、天満橋のとある料亭の花板さんがお妾さんと内緒で開いたお店で頂いた「鮑のかりんとう」をふと思い出しました。


御椀はねぎま汁。


にぎりは珍しい牛トロ、大きな海老、蛸と鯵そして烏賊。なかでも鯵が素晴らしい。


果物は佐藤錦。

7月は14日土曜日午後7時の開催です。パリ祭の日に和食でワイン如何でしょうか? ワイン大学定例会は7月そして8月も満席が予想されます。英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会は現在のところ2階の個室でテーブル・椅子席になってますので座敷が苦手の方でも大丈夫です。

ワイン大学定例会とは違って比較的少人数ですので会話が間近です。会費など詳しいことはお問い合わせください。一度来られると病みつきになること間違いない素敵なワイン会です。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 05:35 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::第224回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct