ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第223回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
いつもの常連さんだけの集まりとなりましたが、メンバーのお一人からワインは超大物を差し入れて頂きました。


何と1964年は東京オリンピックの年のシャトー・モンローズ。1964年と云えば収穫の時にまさかの大雨に見舞われたのです。雨降る前と云うか早めに収穫したのはラトゥールとこのモンローズだったでしょうか。抜栓に手こずりましたが何とか無事にデカンタに成功。状態は信じられないほど元気でした。まさにグランヴァン、久々にボルドーのグラン・クリュ・クラッセを堪能させて頂きました。


先付は蛍烏賊の沖漬け。前回お越し頂いた岐阜のメンバー様からお届けいただいた古酒と非常によく合います。シャンパーニュとも相性良いのは新鮮というか生きたまま漬けるのがポイントかも知れません。


口取は中央にオクラ、常節、破竹の旨煮、焼き板若布に梅酒の梅。


これがその日本酒の古酒でヴィンテージは何と2002年。独特の風味がありますが決してひねた匂いではありません。綺麗な辛口でどんな料理にも合いそうです。


裏ラベルにはその詳細があります。


向付は大分は日出の名物城下鰈の薄造り。残念ながら旬を過ぎたように感じました。


本日の特選素材鮎魚女。煮付けにしてもプリプリの食感が凄い。天然の鮎魚女は非常に少ないので滅多に良いものには巡り会えません。
次は極めつけの特選素材の登場です。



お皿にはみ出た大きな伊勢海老に生海胆を塗して焼いてあります。大きさも凄いのですが身の甘さが半端ではありません。可食部分が多くいろいろなところに身が詰まっています。


中でもこの部分が気の遠くなるような味でした。まさに絶品であります。


予定していたスマの入荷が無く、周参見の鰹の藁焼きたたきです。十分脂がのってました。


これまた本日の特選素材、若鮎の唐揚げ。姿かたちもご覧の通り。


土瓶蒸しの登場。


中身は蓴菜に海老、鯛などいろいろ。


にぎりいろいろ。


果物はマスクメロン。

6月の英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会は16日土曜日午後7時の開催です。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 06:16 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::第223回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct