ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学3月は道頓堀英ちゃん冨久鮓で河豚会
毎年の恒例と相成りました英ちゃん冨久鮓でのワイン大学定例会は焼き河豚メインの河豚会です。河豚の旨さを引き立てるのは何といってもポン酢です。ポン酢なら英ちゃん冨久鮓という定評は昔から続いています。関西の食通が一堂に揃い、まずはプレミアム・シャンパーニュで乾杯。


先付は茶碗蒸し。河豚の風味を損なう例えば銀杏などは使わず百合根だけが加えられます。中には河豚の白子がたっぷり。


てっさはご覧の通り天然河豚ならではの赤みがさしています。黒い血管などが浮くのは養殖の河豚ですので見ればすぐ見分けがつきます。


皿一杯に盛られたのはこれで1人前という焼き河豚。遠江に身皮骨付きのアラもたっぷり、炭火の大型七輪で豪快に焼きます。


白子の塩焼き。


そして白子の醤油焼き。どちらか一つよりは2種類食べたいですよね。


皮の湯引きポン酢和え。


極めてシンプルなスタイルの唐揚げ。


鍋用の河豚、まさにてんこ盛りです。


骨付きのアラはじっくり炊いて、上身はしゃぶしゃぶで頂きます。


別添えの白子が入った雑炊もまた格別。


デザートは苺で締め。イタリアの赤白そして驚きの旨さブルゴーニュのプルミエ・クリュなどいろいろお飲み頂きました。

来月4月は12日木曜日、場所は京都祇園南側の日本料理「いわさ起」さんで開催いたします。あとお席は僅かとなっていますので、お越し頂ける方はコメント↓お願いいたします。コメントは即座に公開されませんのでご安心ください。メールアドレスなどは非公開ですがコメントの内容も非公開にできます。
| ワイン大学 |
| 04:17 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ワイン大学3月は道頓堀英ちゃん冨久鮓で河豚会
All Rights Reserved./Skin:oct