ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第220回英ちゃん冨久鮓の会は天然河豚のフルコース
天然河豚をたらふく食べるという催しです。もう何回目になるのでしょう、ぽん酢が美味しい英ちゃん冨久鮓さんならではの究極の味わい方、今年も進化しました。


先ずは乾杯のプレミアム・シャンパーニュ、究極の会に相応しい究極のニューマティック・プレスのそれこそ一番搾りの中の一番搾りだけから造り上げたミレジメ。注ぐとビールのような泡の層が形成されます。


とにかく寒いので先付は温かい白子の茶碗蒸し。これがとても受けました。


てっさです。黒い血管みたいなのが見えるのは養殖の河豚で、天然の河豚はご覧のように赤みを帯びます。


白子の塩焼き。


そして白子の醤油焼き。


一人前でこのボリューム、遠江に身皮、骨付きのアラは部位が異なりますが画像のはウグイスと呼ばれる部位。


焼き河豚はご覧の通り一人一皿。


大きな七輪で豪快に炭火焼き。


唐揚げも人により部位は異なりますが画像は顎の部分でしょうか。


そして鍋はしゃぶしゃぶです。黒皮はじっくり煮て、スライスされた上身は半生で食べるのがベストかも。


白菜や菊菜に椎茸と葛切り、お豆腐も大変吟味されています。


おっと、鍋用の白子もありましたね。


さらに白子追加也。


鍋が終わった後はお決まりの雑炊。


本日食後の果物はメロン。

超豪華な天然河豚のフルコース、来年も必ず開催いたします。生臭さとは無縁の河豚の会です。ぽん酢は何といっても英ちゃんですよ。

3月8日木曜日ワイン大学定例会はここ英ちゃん冨久鮓にて開催いたします。あと1席だけですのでお越し頂ける方は連絡くださいませ。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:09 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::第220回英ちゃん冨久鮓の会は天然河豚のフルコース
All Rights Reserved./Skin:oct