ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第393回クードポール・ワインを楽しむ会
毎月一度第1木曜日の午後8時開始というワインと料理を楽しむ会です。こちらの会も今年中に400回を迎えることになりますが、小生もまたクードポールの田中シェフも大病を患うことなく続けられてきたこと自体実に有難いことであります。


先ずはコート・デ・ブラン、グラン・クリュのコミューン・アヴィズのブラン・ド・ブランで乾杯、アミューズ・グールは蕪のヴルーテに生海胆。


次は海の幸のアスピック。鱸にオマールそしてタコなどいろいろな魚介類にサフラン風味のジュレ、ワインはブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイの白。インポーターの説明ではあり得ないコミューンの名を語っていますが、この蔵の畑はニュイ・サン・ジョルジュのコミューンの範囲に存在しています。


フォワグラのテリーヌ、下には大根のコンソメ煮。合わせるワインは新しくリリースされたアンリ・ラモントーのジュランソン・モワルー。
テリーヌよりもフォワグラのポワレが欲しかったように思います。


魚が殆ど入荷無いため牛肉のポトフ。ワインは後にブルゴーニュ・コート・ドールが名乗れるモレ・サン・ドニの物とヴォーヌ・ロマネの物とを比較。



メインはタンシチュー。これにはボルドーの2012年ヴィンテージを。


本日のフロマージュはモン・ドール。一見すると形がはっきりしていましたが・・・


中身はトロトロ。秘蔵のスーパー・トスカーナが実によく合いました。


デザートは苺のクラフティにアイスクリーム。


来月も1日木曜日の午後8時開催です。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:50 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::第393回クードポール・ワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct