ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第388回クードポール・ワインを楽しむ会
「継続は力なり」と申しますが、32年以上続く天満橋クードポールさんのワイン会は毎月最初の木曜日で開催時間は午後8時というパリのレストラン並みの時間帯に始まります。


まずはアミューズ・ブーシュ「鱧に松茸」です。これにはヴーヴレのムスーを合わせます。ヴーヴレはロワール右岸のアペラシヨンでスティル・ワインのほかペティヤンとヴァン・ムスーがありますがいずれも色は白だけ、葡萄はシュナン・ブランのほか5%以下との規定で法律上はオルボワ、正式名称アルボワ・ブランが認められています。シュナン・ブランは七変化するといわれるほど熟成により味わいが変化する面白い葡萄であります。今回使ったヴーヴレはノンドゼ、デゴルジュマンのとき一切の糖分添加をしないワインですが糖分添加することをドザージュと云うのです。

ドサージュではありません。フランス語で DOSAGE 母音に挟まれた「S」は濁るの原則に基きドサージュではなくドザージュと発音するわけです。


聞くところによると日本ソムリエ協会発刊の書物に載っているとか。ご存知の方はお知らせくださいませ。


次は「秋刀魚のマリネ、ガスパッチョのグラニテとムール貝」、このお料理にはパコジェットが欲しいところでは・・・


フォワグラのポワレ。やっと昔のフォワグラに戻ったみたいに美味しい。




本日の魚は何とメイチダイ。英ちゃん会では夏の定番ですが、今年は非常に豊漁とのことで、そう云えばイカリスーパーでもやたら見かけるようになりましたね。


メインは子羊背肉のパイ包み焼き、トリュフ添え。美味この上なし。


フロマージュはシャンパーニュ地方のラングルとカマンベール。


デセールはマンゴーたっぷりのマンゴー・プディング。

ワインは南仏特集でした。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 06:24 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第388回クードポール・ワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct