ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Petit Manseng B 正式名称 Manseng Petit Blanc




フランスで栽培される葡萄について書いています。アルファベット順にその葡萄の画像と生い立ち、関連するフランス・ワイン法についても述べています。

日本ではプティ・マンサンと呼ばれてますが正式名称はマンサン・プティ・ブランといい、拙ブログでは2013年にこちらで紹介しました。世界の葡萄に関するデータベース VIVC2 の当該葡萄のパスポートデータはこちら、最新のデータとして追加されたのは親子関係についてでして、プティ・マンサンは次の葡萄と関連付けされています。

MANSENG GROS BLANC  7338

PERSAN  9190

SAVAGNIN = TRAMINER  70882

上記は正式名称ですので、普通呼ばれている名前で申し上げるとグロ・マンサンそして先日ご紹介したペルサン、そしてサヴァニャン=トラミナーとは実在したであろう葡萄を示しますがその存在は現在のところ確認できないのでリンク先がありません。

今まではプティ・マンサンとグロ・マンサンは別種と考えられてきた模様ですが実は親子関係があるとのこと、今後の遺伝子解明により親子関係が明白になるはずです。

プティ・マンサンを使うワインの代表は南西地方のアペラシヨン、ジュランソンであります。以前述べたように生産者アンリ・ラモントーによるドメーヌ・コアペのジュランソンがこの世に出てから急速に有名になったアペラシヨンであります。ソーテルヌにも負けない甘口で薫り高いので飽きないのでしょう。

甘口だけではありません、ジュランソン・セック(デノミナシヨン)辛口にも当該葡萄は使われています。

プティ・マンサンとアペラシヨンについては以前の拙ブログをご覧下さい。
| ワイン雑感 |
| 06:39 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Petit Manseng B 正式名称 Manseng Petit Blanc
All Rights Reserved./Skin:oct