ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

「コトー・デ・シュッド・デペルネ」とは何ぞや?
京都のワインでは老舗のお店のサイトにこんな言葉を見つけました。サイトからコピーさせて頂くと

本拠地は、ヴァレ・ド・ラ・マルヌとコート・デ・ブランの間に位置する、 1996年に誕生した新たな注目地域であるコトー・デ・シュッド・デペルネ村にあります。こちらでは、ヴァレ・ド・ラ・マルヌの柔らかさとコート・デ・ブランの 酒質の強さ、この両方の素養を持った優良なシャンパーニュが造られます。

1996年に誕生した地域? 

最近で新たにシャンパーニュとして認定された地域などありません。コミューンならありますが、地域など認定されるはずもないのですが調べてみましょう。またサイトにあるコトー・デ・シュッド・デペルネ村などフランスのコミューンにそんな名前などありません

こちらのサイトだけではなく「エペルネ南の新地域“コトー・ド・シュッド・デペルネ”」は神戸の老舗ワインショップのサイトにもあります。もちろん他にもたくさんありますが。

誰が言い始めたのか知りませんが大きな間違いであります。

ちゃんとした名称は Les Côteaux Sud d'Épernay レ・コトー・シュッド・デペルネ、恐らくフランス語をカタカナ表記に置き換えたときに何らかの間違いがあったのをそのままコピーされ続けているのでしょう。

ちょっと検索するとすぐに登場しますがネタ元はこちら、要するにINAO などが新たに認定した地域ではなく、元々「エペルネの近所」をうたい文句にしていた地域の葡萄栽培農家やシャンパーニュ生産者が寄り集まって新たな名称で客を呼ぼうとしただけのこと。即ち公式な地域名称ではありません。エペルネとコート・デ・ブランの中間なので「エペルネの南の丘陵」を新たな呼称として定着させようと試みただけのお話であります。

老舗のワイン販売店がこのような為体では困りますね。

レ・コトー・シュッド・デペルネは次の13のコミューンのシャンパーニュ生産者並びに葡萄栽培業者によって構成される組織の名称です。決して新しく認定された地域名称ではありません。

1. Pierry
2. Moussy
3. Vinay
4. Saint Martin d'Ablois
5. Brugny
6. Vaudancourt
7. Courcourt
8. Chavot
9. Monthelon
10. Morangis
11. Moslins
12. Mancy
13. Grauves


| ワイン雑感 |
| 06:17 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::「コトー・デ・シュッド・デペルネ」とは何ぞや?
All Rights Reserved./Skin:oct