ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Maréchal Foch N




マレシャル・フォッシュと読む種間交雑により生まれた黒葡萄で、拙ブログでは4年前こちらで紹介しています。しかしながら VIVC のデータベースは新しくなって全面的に書き換えられているためリンク切れとなっております。参照すべきサイトはウェブ魚拓を取っておかねばなりませんね。

現在の新しい VIVC2 のパスポートデータはこちら、シノニムは5つで次の通りです。

188-2 KUHLMANN
FOCH
KNAPP EXA
KUHLMANN 188-2
MARSHAL FOSH

ところで、マレシャル+何某という葡萄は4つ存在しますが、他の3つは次の通りです。

MARECHAL BOSQUET
MARECHAL GALLIENI
MARECHAL JOFFRE

上記2つは白葡萄でありマレシャル・フォッシュとは全く無関係ですがマレシャル・ジョフルのペディグリーをご覧頂き、当該葡萄と比較してみると一見全く同一と思われるかも知れません。即ち兄弟葡萄と思われますが、実はマレシャル・フォッシュの母に相当する MILLARDET ET GRASSET 101- 14 O.P. にはリンク先がありません

ですがマレシャル・ジョフルの母親葡萄にはリンク先が歴然と存在するのです。微妙ですがこの親子関係については若干未解明ということなのでしょう。

葡萄の交配や系図に詳しいサイトによるとマレシャル・ジョフルと同じ系図を持つ葡萄は他に5つもあることがわかりますが、そのうちの一つ「レオン・ミヨ」についてはつい先日こちらで紹介したばかりであります。

当該葡萄と全く同じ系図を持つ葡萄に LUCIE KUHLMANN が存在しますが、この葡萄の系図にはどういう訳か当該葡萄の名前はありません。不可解なところが目立ってしまうマレシャル・フォッシュ、まだまだ遺伝子の解明は進んでいないということでしょうか?

肝心なことはマレシャル・フォッシュはレオン・ミヨと同じくフランスでは接ぎ木の根本、即ち台木として有名な 101-14 あるいはその子孫とゴールドリースリングとの種間交雑種であるということ。

フランスではフィロキセラが蔓延した頃、主にロワールで栽培されたとのことですが、EU の規制によりハイブリッド葡萄でのワイン生産が制限されたため衰退の一途を辿っているのが現状であります。

尚当該葡萄はカナダで栽培され一時は(1991年のデータ)101.73ha 栽培されていましたが現在はかなり減っているとのことです。
| ワイン雑感 |
| 05:49 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Maréchal Foch N
All Rights Reserved./Skin:oct