ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

新中国料理 HARAKAWA @光明池泉北ニュータウン
先日初訪問してビックリの好印象だったので早くも再訪、食べ仲間と2人で夜の部に参戦することに。予算を伝えて海鮮中心のコース料理を頂いた。


先ずは前菜盛り合わせ。野菜の湯葉包み揚げ、蛸、生海月に子持ち鮎が出色。トマトのゼリー寄せはクセになる味わい^^


ここで茂魚(あこう)のプレゼンテーション。


前菜1皿めは「和牛舌四川ソース」、ボイルした和牛のタンと胡瓜の薄切りのピリ辛ソースにパクチー、即ちコリアンダー。


全ての料理は丁寧に取り分けてくれる。もちろんファミリーの宴会なら客任せだろうが・・・。


次に熱々土鍋の登場! 上海蟹入りフカヒレ姿煮込。


ボリュームもご覧の通り。小さなボウルにチョロットのスープではない。添えられる野菜は中国野菜の芥藍(カイラン)。


次に殻付きホタテガーリック蒸し、ワインによく合う料理だ。


本日のメインの一つ渡り蟹ネギ生姜炒め、でかいワタリガニなので皿から溢れんばかりである。


これも素早く取り分けてくれる。


野菜もいろいろ入っており栄養価も高いはず。


甲羅の先端部分に内子が一杯詰まっていた^^


そして同じくメイン料理「茂魚(あこう)姿蒸し」、白髪葱にパクチー。白飯が欲しいところだがグッと我慢(汗゛)。


とにかく取り分ける手際が鋭い。


まだまだ可食部分は多い!


茂魚を骨までしゃぶり尽くす。


メインの後には肉料理が待っていた。凄いボリュームのスペアリブ黒酢ソース!


蒸し立ての中国饅頭に挟んで食べるのだが味わいは香港の一流どころに引けをとらない。


ここで上海蟹入りの肉団子スープ。


さらに「これでもか!」と云わんばかりに供されたのがクリスピー・チキン。


パリパリに仕上げられた皮、しかし身はしっとりとして非常に美味。どこかの脂っこいモノとは雲泥の差である。


御飯モノ、ソバ類に代わるものとして頂いた中国野菜のスープ煮。


デザートの後に中国茶を頂き無事本日の戦いは終了である。

これだけ食べても疲れることはない。駅まで歩いて電車に乗り込み北新地へ出勤である。

次回予告、カウンターを貸し切ってシェフとの対決第2戦、開催は11月16日か17日の予定だ。参戦者募集中!
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 03:57 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::新中国料理 HARAKAWA @光明池泉北ニュータウン
All Rights Reserved./Skin:oct