ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Genouillet N




ジュヌイエ、拙ブログではかなり詳しくこちらで取り上げた。ロワールで昔栄えた黒葡萄である。フィロキセラで絶滅したと思われたのだが、1990年発見され現在再生を試みている状況である。

最も詳しい文献はこちら、ウェブ魚拓を取ってあるので一読を勧める。

VIVC の最新パスポートデータはこちら、自然交配による黒葡萄でその親は次の通り

Pedigree confirmed by markers  HEUNISCH WEISS × TRESSOT

Prime name of parent 1  HEUNISCH WEISS

Prime name of parent 2  TRESSOT NOIR

母親がフランスで忌み嫌われた白葡萄グエ、正式名称ホイニッシュ・ヴァイス、父親はトゥレソ・ノワール。それぞれリンクがあるので参照されたし。

3年前の拙ブログではトゥレソ・ノワールの親子関係について「トゥレソ・ノワールは DURAS を母、VERDOT PETIT を父として生まれた交配種」としたが当時の VIVC のパスポートデータに基づくものであり現在は親子関係は空欄となっており、前説は否定されている。

ジュヌイエのシノニムは現在のところ 12 報告されていて次の通り

GENOILLERE
GENOILLERET
GENOILLET
GENOUILLAT
GENOUILLE
GENOUILLERET
GENOUILLET NOIR
GENOUILLET ROUGE
GENOYERE
GROS MORET
MORET NOIR
PLANT MERCIER

さてこの復活を試みている葡萄から早くもワインが出来た模様である。こちらに画像もある。



2012年ヴィンテージから販売されている。ワインはその名も「Renaissance Genouillet」、生産者は Maryline Smith 女史、Quincy にある Domaine de Villalin でサイトはこちら

ワインはロゼ、どんな味香りだろうか、日本での販売は今のところ無いはずだが。
| ワイン雑感 |
| 05:27 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Genouillet N
All Rights Reserved./Skin:oct