ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Fer N




フェール、つい最近まではフェール・セルヴァドゥと呼ばれていた黒葡萄だがワインサーチャーは現在もその呼称を使っている。

画像はフランス政府系の IFV から拝借した。フランス政府は公式のシノニムとして Braucol N 、Fer servadou N 、 Mansois N 、Pinenc N の4つを挙げている。ちなみに VIVC に登録されているシノニムは現在のところ 58 ある。

その VIVC の当該葡萄のデータ、現在はこちら 、2007年のデータはこちら。比較するとシノニムが増えているのが判る。

さて当該葡萄を使う AOC ワインの代表といえばマルシヤック、と云ってもご存じない方が多いはず。Marcillac は1965年 VDQS に指定され、1990年にアペラシヨンを取得したが、フランス人でさえあまり足を運ぶ事のない秘境の地であるため、そのワインを飲んだ経験のある人は数少ないはず。また出回る大半が現地の協同組合で生産されたワインであり、ドメーヌものには滅多にお目にかからない。

マルシヤックのサイトがあるので紹介する、こちら を参照に。こちらによると現地での当該葡萄の呼称は「mansois」、カタカナ表記するとマンソワ。Forvo の発音はこちら

アペラシヨン・マルシヤックは赤とロゼだけで白は無い。赤・ロゼ双方の主要葡萄は当該葡萄のフェールであり、それが 100% であっても構わない。

フェールを主要葡萄とする他のアペラシヨンは拙ブログのこちらを参照に。フェールが使えるワインのアペラシヨンについて纏めてあるのはこちらのサイト

IGP については不必要なまでに取り上げているこちらのサイトだが明らかに間違っているのは主要葡萄としている「Gaillac rouge primeur」。プリムールを伴うガイヤック・赤ワインはガメイに限ると定められているのでフェールは使えない。




こちらの画像は VIVC から。
| ワイン雑感 |
| 04:57 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Fer N
All Rights Reserved./Skin:oct