ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Etraire de la Dui N 現地ではÉtraire de l' Aduï




フランスはサヴォワ地方のイゼール県がそのルーツと思われる黒葡萄。読み方はエトレール・ド・ラ・デュイ、Forvo のサイトからこちらを参照に。

拙ブログではこちらで取り上げた。

画像はこちらから拝借した。

冒頭 Etraire de la Dui はイゼール県の葡萄と書いたが当地イゼール県ではこの葡萄を Étraire de l' Aduï と表記するようだ。これもシノニムの一つだが VIVC によるとシノニムは現在下記の通り。フランス語のアクセント記号は省略されるので分かり難い。

BECCU DE L'ADUI
BETU
ETRAIRE
ETRAIRE DE L'ADNY
ETRAIRE DE L'ADUI
ETRAIRE DE LA DOT
ETRAIRE DE LA DU
ETRAIRE DE LA DUE
ETRAIRE DE LA DUY
GROS PERSAN
GROSSE ETRAIRE

VIVC によるとエトレール・ド・ラ・デュイは PERSAN ペルサンとの親子関係が認められると云うが具体的な親子関係は明確になっていないのが現状である。

さてこちらにはこの葡萄を使ったワインがある。ところがエチケットの表記は

Vin de Pays des Coteaux du Grésivaudan Étraire de la Dhuy

となっており上記のシノニムに該当しない。新たにシノニム登録する必要があるはずだ。

昔の VdP Coteaux du Gresivaudan のワインだが、このヴァン・ド・ペイは現在 IGP Isère になっており、その IGP イゼールの中のデノミナシヨンとして Isère Côteaux du Grésivaudan イゼール・コトー・デュ・グレシヴォーダンがあり、それに相当する。IGP としてはあくまで IGP Isère であり、画像の文中にある IGP « Coteaux du Grésivaudan ». という表記は間違いである。

さて IGP Isère その赤ワイン用の葡萄規定だけコピーすると

Pour la production de vins rouges et roses : Etraire de la Dui N, Gamay Noir a jus blanc, Joubertin N, Mecle N, Pinot N, Persan N, Mondeuse N, Syrah N, Servanin N, Corbeau N

確かに筆頭に当該葡萄が挙げられているが、アルファベット順ならコルボー・ノワールが先頭になるはず。

その範囲についてはこちらをご覧あれ。グルノーブルを中心として A41 に沿って北東、 A48 、A49 沿いに北西、そして E712 沿いに南へそれぞれ広がる地域である。

ワインサーチャーによると少なくとも2軒の生産者が当該葡萄を栽培中とのことだが、こちらのサイトを見るとグレシヴォーダンでは6生産者が当該葡萄の栽培を実践中とのこと。

アペラシヨンを有するワインで当該葡萄が使えるのは以前に述べた通り条件付きで AOC サヴォワもしくは AOC ヴァン・ド・サヴォワだけ。それも補助葡萄的な扱いで栽培割合ブレンド割合いずれも 10%以下。

こちらを見るとその記載がない。しかしながら不必要と思われる記載は相変わらずである。

| ワイン雑感 |
| 06:40 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Etraire de la Dui N 現地ではÉtraire de l' Aduï
All Rights Reserved./Skin:oct