ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 373 回クードポール・ワインを楽しむ会
定例は第1木曜の開催だがメンバーの都合により第4木曜午後8時の開催と変更になった。隣のテーブルは中国語が飛び交う、まるで香港で食事しているみたい。


アミューズ・グールはガスパチョと馬肉のタルタル。タルタルと云うより刺身みたいな感じだが画像では色が飛んでしまった。シャンパーニュはグラン・クリュのシャルドネ・ブラン 100% のエクストラ・ブリュット。ドザージュなど極微量でシャンパーニュ本来の香りと味が楽しめる。


続いてシャンパーニュを飲みながら前菜、夏野菜と鱧そして鮑、海老のジュレ寄せ、パッションフルーツ・ヨーグルトソース。


温かい前菜はリー・ド・ヴォーとジロール茸のフリカッセ。ワインはプロヴァンス地方ながら独自のアペラシヨン・バンドールを有するロゼ 2015年。ブラッシュ・ワインのような仄かなロゼ色、しかし味わいは実に深い。




季節の魚は九絵。冬場の鍋でお馴染みの大型ハタの一種だが実は旬は夏。ビーツのソース。ワインはプイィ・フュメのスペシャル・キュヴェ。


メインは河内鴨のロースト、サマー・トリュフ添え。


フロマージュはパンに載せたエポワスとブルー・ドーヴェルニュ。赤ワインはアペラシヨン・ブライ。こんなワインを知ってしまうと、高騰するクリュ・クラッセのシャトーなど馬鹿らしくて飲んでいられなくなるはず。


デセールはブランマンジェに季節のフルーツ。

来月7月は七夕の7日午後8時に開催。


つい先日北新地にオープンした会員制ワインバーに。この日はグラス・シャンパーニュにクリュッグ、グラスワインに極上のブルゴーニュと大判振る舞い。キッシュは濃厚な旨味タップリ。暗証番号を知らない人は入店出来ない仕組み。ワイン大学会員の皆さんには詳細をお知らせするので問い合わせ下さい。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:41 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第 373 回クードポール・ワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct