ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 198 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
1999年 11月が初回だったはず。あと2回で200回目を迎えるホンマモンの美食とワインの会。長年続くのもホンマモンだからこそ。


先付けは温かい天然鯛白子を特製英ちゃんポン酢で。


口取りは蛍烏賊自家製姿干し、鯛の子煮、うるいお浸し、蕨に一寸豆。干物には上喜元純米吟醸。


本日の特選素材、桜鯛。背と腹そして皮湯引き、おまけに松皮造りに肝と胃袋の湯引きまで添えられる。まさに極上の桜鯛。


焼き筍。好みで申し上げると太短い物が有り難かったかも。木の芽味噌で食す。


鰆の幽庵焼き。



本日の特選素材2は通称ヤイトカツオ、スマ。脂ののりが凄い! 味わいも濃厚。


岩魚の唐揚げ。


浅蜊の酒蒸し。ふっくらとした大きな浅蜊にびっくりぽん。


花見シーズンなので海鮮ちらし寿司。


よく熟した果物は枇杷。

第199回は5月14日土曜日午後7時開催と決定。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 03:25 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第 198 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct