ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ある上場会社の造った豆腐
豆腐について考える。好みとは別のお話なのでご理解頂きたいと思う。


サンプルを頂いたのは外食産業も手がけるメーカーの自社生産豆腐。もめん、ラベルには内容量 300 グラムと表記。水は伏見とのことだがパック込みの総重量は 355 グラム。


パックの水を取り除くと 315 グラム。


皿に移してラップをかけ重量は 632 グラム。これを電子レンジ 700W で4分調理。


かなり原形から崩れる。しっかりした豆腐なら原形をとどめる物が実際にあるが、この豆腐は含水量が多いはず。


皿に溜まった水分を除去、皿込みの重量は 545 グラムに激減。


皿とラップの重量は 332 グラム。よって加熱調理後の豆腐は 213 グラムと変化した。

食感はもめんと云うよりきぬに近い感じ、滑らかな口溶け、妙に甘くはないので好感が持てる。エクストラ・ヴァージンを数滴垂らして藻塩で頂くと美味。気に入っている鶴橋の半擂り煎り胡麻と東京から取り寄せのもみ海苔を振り掛けポン酢で頂くのも良し。

| こだわり食材 |
| 01:25 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ある上場会社の造った豆腐
All Rights Reserved./Skin:oct