ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chasan B


画像はVIVC のこちらから拝借しました。
シャザン、母音に挟まれる「S」は濁ると覚えて下さい。シャサンではありません。拙ブログでは3年前にこちらで取り上げています。

さて VIVC のパスポートデータはつい先日書き換えられたばかりで(2015年11月25日)こちらをご覧下さい。2年前の同じくパスポートデータはこちらです。見比べて頂くとお分かりの通り遺伝子の解析結果として現時点では

Pedigree confirmed by markers LISTAN × PINOT
Prime name of pedigree parent 1 PALOMINO FINO
Prime name of pedigree parent 2 PINOT

シャザンはパロミノ・フィノを母、70742 ピノを父として1958年モンペリエの INRA 国立農学研究所で Paul Truel 氏が交配に成功した葡萄であります。

ところがこの葡萄を造り出したはずの張本人 INRA モンペリエの最新のデータはこちら 、ヴァリエテの下の欄 Détails をクリックすると真ん中に親子関係が載っておりますが、コピーさせて頂くと

Obtenteur : Truel-INRA
Année obtention : 1958
Mère selon obtenteur : Listan
Croisement : Mtp1527
Père selon obtenteur : Chardonnay

Mère/parent1 réel : Pinot
Code mère/parent1 réel : 193
Père/parent2 réel : Listan = Palomino fino
Code père/parent2 réel : 28
Remarques parenté réelle : Half validation of breeder's data

まだ生産者のデータを半分ほどしか検証していないとしながらも、この葡萄を世に送った生産者の発表した親子関係「リスタンが母でシャルドネが父」を全く覆す「実の母はピノで実の父はリスタン、本来の名前はパロミノ・フィノ」としています。INRA のデータは解析途上のもので VIVC はコンファームされた結論のはずですので・・・

またレ・セパージュのサイトでは前説を破棄してこちらとなっています。葡萄の親子関係については解析が進むに連れてコロコロ変わるのが当たり前のようになっているのが現状です。

どうやらこの葡萄のペディグリーについては更なる紆余曲折があるのかも知れません。

さてこのシャザン100% で出来たワインがあります。こちら をご覧下さい。南仏の白ワインで価格は5,40 € TTC ということですからお高い消費税を含み日本円換算すると 700円程度。データは見掛けませんがこのシャザンという白葡萄は南仏の地域圏で推奨葡萄として栽培奨励されたはず。ですからアペラシヨンのワインには使えないものの IGP のカテゴリーでは優遇されたのではないでしょうか。
| ワイン雑感 |
| 04:54 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Chasan B
All Rights Reserved./Skin:oct