ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Cabestrel N
画像はこちらのサイトから拝借しました。

3年前にはフランス政府のお墨付きがなかった葡萄であります。カベストレルと発音するのでしょうか、Forvo によると「キャベストレル」に聞こえますけどね。
フランスで栽培される葡萄のサイトから1970年にフランス農学研究所(INRA)に於いてカベソーとムールヴェドルから人工交配により生まれた葡萄。名前はCabernet Sauvignon から Cabe を、フランスでの呼称ムールヴェドルの正式名称 Monastrell から末尾に近い strel をくっつけただけのベタな名付けであります。参考のためにLes Cepages のサイトはこちら です。

フランス政府がこの葡萄を正式登録したのが 2014年、関連サイトの所謂新顔の類(新しくフランス政府の葡萄カタログに掲載された葡萄)はこちら に纏められています。

カベストレルですが、VIVC のパスポートデータ からペディグリーは次の通りです。

Pedigree as given by breeder/bibliography  MOURVEDRE × CABERNET SAUVIGNON
Pedigree confirmed by markers  MOURVEDRE × CABERNET SAUVIGNON
Prime name of pedigree parent 1  MONASTRELL
Prime name of pedigree parent 2  CABERNET SAUVIGNON

INRA のアラン・ブーケ氏の交配データから母方となる葡萄はムールヴェドル、父方がカベルネ・ソーヴィニョン、遺伝子の解析結果から同じくムールヴェドルが母カベルネ・ソーヴィニョンが父、正式名称で申し上げると母がモナストレル、父がカベルネ・ソーヴィニョンということであります。

さてこのカベストレルですが検索すると早速ヒットしたのがこちら。コピーさせて頂くと

2014- CP404
IGP « Pays d’Hérault » - Demande de Modification du cahier des charges - Ajout d’un cépage - Examen de recevabilité de la demande.
La commission permanente a donné un avis favorable à la demande de modification du cahier des charges de l’IGP « Pays d’Hérault » visant l’ajout du cépage « cabestrel N. ». Elle a également donné un avis favorable pour soumettre au comité national le lancement de la procédure nationale d’opposition.

要するに、フランスの新しい政令によりIGP ペイ・デローのワインにこのカベステルが追加で使えるようになったというお話し。ちなみに最新のIGP ペイ・デロー(昔の名前はVin de Pays de l'Hérault ヴァン・ド・ペイ・ド・レロー)の法令詳細はこちら です。葡萄規定にちゃんとカベストレルの名前が載っています。
| ワイン雑感 |
| 06:07 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Cabestrel N
All Rights Reserved./Skin:oct