ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Cabernet franc N 続き1
リンク先はご覧頂けたでしょうか? リンク先はウェブ魚拓を取りましたがカベルネ・フランを主要品種ではなく補完的に使うアペラシヨンとして下記のようにありますが

Le cépage « Cabernet franc » est un cépage complémentaire, utilisé en assemblage dans :
Blayais : Premières Côtes de Blaye .
Pomerol : Néac .
Touraine : Coteaux du Vendômois .
Bergeracois : Montravel .
Vallée du Lot : Entraygues-Le Fel, Estaing .

ブライエの AOC プルミエール・コート・ド・ブライは現在新しいアペラシヨン、コート・ド・ボルドーに移行しています。現時点ではこのアペラシヨンのラベルのワインが流通しているため敢えて載せてあるのだと思います。

しかしながら次のネアックはラランド・ド・ポムロールと全く同じ地域に適用されるアペラシヨンなのですが、近年ネアックをアペラシヨンとして名乗るワインの生産は皆無であり、2015年9月現在、INAO のサイトのアペラシヨンからその名称が消えていますのでこのアペラシヨン・ネアックは廃止されたと思われます。

ですけどこちらのサイトでは1つのワインを紹介しています。

ここでこのワインのヴィンテージにご注目下さい。

Château Moncets 1934 1er Grand Cru Haut Néac とありますが、ちょっと待って下さい。アペラシヨン・ネアックが制定されたのは1936年であり、画像にはアペラシヨン・ドリジーヌ・コントロレの表記は確認出来ません。法令制定前なのですから当然ネアックを名乗れるはずがない訳です。

尚、このシャトーのワインは昔から知られており、アペラシヨン制定前でも当時としてはかなり優秀であったと思われます。現在のこの生産者のサイトはこちら、日本では取扱業者がないかも知れません。

さてカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー・ノワールそしてコットもしくはマルベックさらにはプティ・ヴェルドにカルメネールというのがボルドーでの赤ワイン用葡萄のラインナップであります。

そのうちカベソー、カベルネソーヴィニョンはカベルネ・フランを母、ソーヴィニョン・ブランを父として生まれた交配種であることはよく知られていますが、他の葡萄についてそのルーツはあまり知られていません。

拙ブログでは何度もお伝えしていますがメルロー、正式名称メルロー・ノワールは

Pedigree confirmed by markers    MAGDELEINE NOIRE DES CHARENTES × CABERNET FRANC
Prime name of pedigree parent 1   MAGDELEINE NOIRE DES CHARENTES
Prime name of pedigree parent 2   CABERNET FRANC

フランス原産の黒葡萄マグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントを母、カベルネ・フランを父として生まれた葡萄。

カルメネールは

Pedigree confirmed by markers   MOURAL × CABERNET FRANC
Prime name of pedigree parent 1   MOURAL
Prime name of pedigree parent 2   CABERNET FRANC

フランス原産の黒葡萄ムラルを母、カベルネ・フランを父として生まれた葡萄。ですからカベソー、メルロー・ノワールそしてカルメネールはいずれもカベルネ・フランの親族であります。

さらにコットは

Pedigree confirmed by markers MAGDELEINE NOIRE DES CHARENTES × PRUNELARD
Prime name of pedigree parent 1   MAGDELEINE NOIRE DES CHARENTES
Prime name of pedigree parent 2   PRUNELARD

メルロー・ノワールとは異父兄弟の間柄、マグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントを母、フランス原産の黒葡萄プリュヌラールを父として生まれた葡萄。

唯一これらとは無関係の葡萄としてプティ・ヴェルド、正式名称ヴェルド・プティが存在します。

葡萄品種別の特徴として例えばカベルネ・フランの場合「ピーマンのような香り」といえば聞こえ良いかも知れませんが「ピーマン臭」と表現されるとカベルネ・フランはピーマン臭、即ち良い意味ではないような説明が多かったはずです。

1970年代だったでしょうか、アメリカ・カリフォルニアでカベルネ・ソーヴィニョンを専ら高級品の葡萄として栽培されたので、カベルネ・フランよりカベソーの方が旨いワインが出来ると思い込む人が多かったように思います。

安物のロワールの赤例えば某組合のソミュール・ルージュなど典型的なピーマン臭がしましたがこれらを教材として教わった生徒諸君はカベルネ・フランに対して興味を持たなくなったに違いありません。
| ワイン雑感 |
| 05:18 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Cabernet franc N 続き1
All Rights Reserved./Skin:oct