ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourboulenc B


ブルブランクというより「ブフブランク」と発音する方がフランスでは通じるかも知れません。画像は VIVC のパスポートデータから拝借しました。この葡萄ですが3年前の拙ブログで取り上げたときは、フランスで「グエ」と呼ばれ忌み嫌われたホイニッシュ・ヴァイスの子孫であるとお伝えしました。当時の VIVC のパスポートデータはこちら、確かに母親の欄には HEUNISCH WEISS とあります。

ところが現在のパスポートデータはこちら、ご覧頂くとお分かりのはずですがペディグリーの欄からホイニッシュ・ヴァイスの名前は消え去ってます

葡萄の遺伝子解明による先祖の特定は始まったばかりと云っても過言ではありません。従ってこれからもコロコロ変わるかも知れないことを念頭に置いてお読み頂ければ有り難いと思います。

さてブルブランク、現在のところシノニムは33、ズラッと並べてみると

BERLOU BLANC
BLANQUETTE
BLANQUETTE DU FRONTONNAIS
BLANQUETTE DU GARD
BLANQUETTE MENUE
BOURBOJLANC
BOURBOLENC
BOURBOULENCO
BOURBOULENE
BOURBOULENG
BOURBOULENQUE
BOURBOUNENCO
BURBULEN
CLAIRETE DOREE A PAULHAN
CLAIRETTE A GRAINS RONDS
CLAIRETTE BLANCHE
CLAIRETTE DOREE
CLAIRETTE GROSSE
CLAIRETTE ROUSSE
CLAIRETTE ROUSSE DU VAR
DOUCILLON
DOUCILLON BLANC
FRAPPAD
GROSSE CLAIRETTE
MALVOISIE
MALVOISIE A LA CLAPE
MOURTERILLE
ONDENC
PE COMPRIDO
PICARDAN
ROUSSAOU
ROUSSETTE
ROUSSETTE DU VAUCLUSE

シノニムにいろんな地名が含まれているものがあります。上から3番目のフロントネは地名で云うとフロントン。その他ガールは南フランスの県名、ポランは同じく南仏のコミューンの名前、ヴァールは県名、ラ・クラップはコミューンの名前です。その葡萄がどこに植えられていたかはシノニムの地名から想像可能なはずです。またどの葡萄と間違われて栽培されていたのも分かりそうです。ブランケット、クレレット、極めつけはマルヴォワジーでしょうか。オンダンクにピカルダンそして、シノニムとしてですがルセットも聞いたことのある葡萄のはずです。

見慣れないというか聞き慣れないシノニム「ペ・コンプリド」はポルトガルでのシノニムで Pé Comprido と表記しますが VIVC ではその配慮がありません。

さてブルブランクが使われることになっている AOCワイン、たくさんありますね。こちらのサイトを見ると4つの地域の26アペラシヨンで使って良いことになってます。この葡萄を主要品種としてブレンドされるというアペラシヨンだけ検証してみましょう。

先ずは主要品種とされるラングドック地域の AOC コルビエール。

Vins blancs
- cepages principaux : bourboulenc B, grenache blanc B, macabeu B, marsanne B, roussanne B, vermentino B ;
- cepages accessoires : clairette B, muscat a petits grains B, piquepoul blanc B, terret blanc B.

La proportion de l’ensemble des cépages accessoires est inférieure ou égale à 10% de l’encépagement.

アペラシヨン・コルビエールでブルブランクは白ワインの主要品種の一つとなっています。ですが白ワインの補助品種は10% 以下しかブレンド出来ないという規定以外主要品種の割合規定はありません。従って必ずしもブルブランクが使われるとは限りません。

次はラングドック地区のAOCラングドック。

- cepages principaux : bourboulenc B, clairette B, grenache blanc B, marsanne B, piquepoul blanc B, roussanne B, tourbat B, vermentino B ;
- cepages accessoires : carignan blanc B, macabeu B, terret blanc B, viognier B.

Denomination geographique complementaire ≪ La Clape ≫ (Vins blancs)
- cepages principaux : bourboulenc B, clairette blanche B, grenache blanc B, marsanne B, piquepoul blanc B, roussanne B, vermentino B ;
- cepages accessoires : macabeu B, terret blanc B, viognier B.

割合規定は
- 2 cépages principaux sont obligatoirement présents dans l’encépagement;
- La proportion du cépage piquepoul blanc B est inférieure ou égale à 50% de l’encépagement;
- La proportion de l’ensemble des cépages accessoires est inférieure ou égale à 30% de l’encépagement;
- La proportion du cépage viognier B est inférieure ou égale à 10% de l’encépagement.

« La Clape » (Vins blancs):
- La proportion du cépage bourboulenc B est supérieure ou égale à 40% de l’encépagement;
- La proportion de l’ensemble des cépages bourboulenc B et grenache blanc B ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 60% de l’encépagement;
- La proportion du cépage viognier B est inférieure ou égale à 10% de l’encépagement.

地理的補足を伴わないラングドックの場合主要品種欄にある2品種が必要で、その内ピクプール・ブランの割合は 50%以下、補助品種も 30%以下、ヴィオニエは10%以下。つまりブルブランクは必ずしも必要ではないと云うこと。

しかしながら地理的補足ラ・クラープを伴うラングドックの場合、ブルブランクは栽培面積で40%以上必要、またブレンドする場合は単独でもしくはグルナッシュ・ブランと併せて60%以上必要となっています。
従ってブルブランクが絶対使われる白ワインはラ・クラープを伴うラングドックということになります。

ですけど、この地理的補足ラ・クラープを伴うのはアペラシヨンではなくデノミナシヨン。ですからアペラシヨンとしては単にラングドックということに相成ります。この辺がややこしいのです。

次は同じくラングドック地域のAOCミネルヴォワ。

Vins blancs
- Cépages principaux : bourboulenc B, grenache blanc B, maccabeu B, marsanne B, roussanne B, vermentino B ;
- Cépages accessoires : clairette B, muscat à petits grains B, piquepoul blanc B, terret blanc B.
やはり同じく白ワインでは主要品種として載っていますが割合規定は

- La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 80% de l’encépagement;
- La proportion du cépage muscat à petits grains B est inférieure ou égale à 10%.

主要品種の欄にある葡萄なら何でも良くて栽培面積で 80%以上必要、補助品種ミュスカ・ア・プティ・グラン・ブランは10%以下という規定があるだけなので必ずしもブルブランクが使われるとは限りません。

次は地域が変わりプロヴァンスのアペラシヨンでAOC バンドールを見ます。
c) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : bourboulenc B, clairette B, ugni blanc B ;
- cépages accessoires : marsanne B, sauvignon B, semillon B, vermentino B.
一応主要品種としてその名はありますが・・・ 次の条件を見ると

- La proportion du cépage clairette B est comprise entre 50 % et 95 % de l’encépagement ;

つまり主たる葡萄はクレレット(50%~95%)ということ。

プロヴァンス地域の次のアペラシヨンはのAOCパレット。
a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : araignan B (dit picardan B), bourboulenc B, clairette B, clairette rose Rs ;
- cépages accessoires : aragnan B, colombaud B, furmint B, grenache blanc B, muscat à petits grains B, panse muscade B ou panse du Roy René, pascal B, piquepoul blanc B, terret gris G (dit terret bourret), ugni blanc B, ugni rosé Rs.

a) - Vins blancs
- La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 55 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage terret gris G est inférieure ou égale à 20 % de l’encépagement.

殆どのアペラシヨン名は地域名称もしくはコミューンの名前ですけどこのパレットだけは絵を描くとき使う例のパレット。即ちいろいろな絵の具を混ぜ合わせるため使うパレットを意味します。従って葡萄の種類が多い訳です。

でもね、この最近の葡萄規定実に怪しいのです。このお話は拙ブログのこちらから数ページに渡り書いています。ブルブランクは一応主要品種ではありますが。

そして地域が南ローヌとして初っ端が AOC シャトーヌフ・デュ・パープ。このアペラシヨンの葡萄規定に赤・白の区別はないのが特徴です。

Les vins rouges et blancs sont issus des cépages suivants : bourboulenc B, brun argenté N (localement dénommé « vaccarèse »), cinsaut N, clairette B, clairette rose Rs, counoise N, grenache blanc B, grenache gris G, grenache N, mourvèdre N, muscardin N, picardan B, piquepoul blanc B, piquepoul gris G, piquepoul noir N, roussanne B, syrah N, terret noir N.

即ち赤ワインでも白ワインであっても上記にある葡萄なら何をどれだけ使っても構わないと云うこと。ブルブランクはその筆頭に載っていますね。AOC シャトーヌフ・デュ・パープの18種類の葡萄については拙ブログのこちらから数ページに纏めています。

南ローヌの2番目はAOC コート・デュ・ローヌですが当然のことですけど北部ローヌも含むアペラシヨンであります。

3番目はAOC コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ。その範囲ですがコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュの方がコート・デュ・ローヌよりも広いってことはご存知でしょうか? コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュはこちら、コート・デュ・ローヌの範囲はこちらをご覧下さい。

何れも葡萄規定を検証しましたが白ワイン用の主要品種でロゼでは補助品種。AOC コート・デュ・ローヌの葡萄規定はこちら 、コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュの葡萄規定もほぼ同じです。

コート・デュ・ローヌの各AOCの法令にアクセスできる便利なサイトがあります。こちらをご覧下さい。

AOC コート・デュ・ローヌ、AOC コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ、いずれも主要品種の欄にある葡萄なら何でも良くその合計が全体の 80%以上ブレンドされていればよいとのこと。従って必ずしもブルブランクが必要ではありません。

ですがこのサイトはヴァントーやリュベロン、グリニャン・レ・ザデマールなどはリンクされていません。

4番目はそのグリニャン・レ・ザデマール。以前申し上げたように原発事故ののちに風評被害を避けるためアペラシヨンの産地名称コトー・デュ・トリカスタンを悉く名称を変えグリニャン・レ・ザデマールと変更した訳です。その葡萄規定を見るとブルブランクの名前は載っていますが

a) - Les vins blancs sont issus des cepages suivants : bourboulenc B, clairette B, grenache B, marsanne B, roussanne B et viognier B.

植え付け面積の規定に

b) - Vins blancs :
- La proportion de chacun des cepages est inferieure ou egale a 80 % de l’encepagement ;
- La proportion du cepage viognier B est superieure a 30 % de l’encepagement.

とあります。即ちブルブランク、クレレット、グルナッシュ・ブラン、マルサンヌ、ルサンヌそしてヴィオニエのそれぞれについては全体の80%以下。ところがヴィオニエだけは30%以上必要と云うこと。従って例えばクレレット70%にヴィオニエ30%でも良いという結論であり、必ずしもブルブランクを何%以上必要という条件は付いていません。

ところがですよ、実際はこんな状況になってます。こちらをご覧下さい。グリニャン・レ・ザデマールのヴィオニエ 100% のワインがネット上に載ってます。法律ではヴィオニエも全体の80%以下のはずなのですけどね。こちらにも同じく100% ヴィオニエのグリニャン・レ・ザデマールの白ワインが載ってます。

変ですね、ヴィオニエだけは特別なのでしょうか? ということで実情的に申し上げるとグリニャン・レ・ザデマールでは必ずしもブルブランクは主要品種に非ずという結論に至ります。

次のアペラシヨンはリラック、葡萄規定は次の通りです。

a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants:
- cépages principaux: bourboulenc B, clairette B, grenache blanc B, roussanne B;
- cépages accessoires: marsanne B, piquepoul blanc B, ugni blanc B, viognier B.

- La proportion de chacun des cépages principaux est inférieure ou égale à 60% de l'encépagement;
- La proportion de chacun des cépages accessoires est inférieure ou égale à 25% de l'encépagement;
- La proportion de l'ensemble des cépages accessoires est inférieure ou égale à 30% de l'encépagement.

主要品種はブルブランク、クレレット、グルナッシュ・ブランとルサンヌ。補助品種はマルサンヌ、ピクプール・ブラン、ユニ・ブランにヴィオニエ。各主要品種はそれぞれ60%以下。補助品種はそれぞれ25%以下。ブレンドする場合補助品種の割合は25%以下。

即ちここでも主要品種の中にその名はあるもののブルブランクは必ず使わなければならないという規定はありません。例えばこちらをご覧下さい。コピーさせて頂くと

Notre Lirac BLANC est issu d’un assemblage de Grenache blanc, Clairette, Picpoul et Viognier.

つまりこの生産者のリラック・ブランはグルナッシュ・ブランとクレレット(併せて70%以上)、ピクプールとヴィオニエ(併せて30%以下)のブレンドであるはずです。ブルブランクがブレンドされないワインも存在します。主要品種の欄に載っていても使われないことの方が多いという訳。

あとはリュベロン、タヴェル、ヴァケラスそしてヴァントー。続きは別の日に。
| ワイン雑感 |
| 06:11 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Bourboulenc B
All Rights Reserved./Skin:oct