ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 189 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
心配された台風も関西には来ず、無事開催の運びとなり、本日も特選素材てんこ盛りの宴会と相成りました。


先ずは「蓴菜の胡瓜おろし酢」。夏向きのさわやかな酢の物でスタート。乾杯はシャンパーニュ・プレスティージュ・キュヴェの 2004 年。


口取りは中央に鱸の障子焼き、鱧子塩辛、鱧骨煎餅、だだ茶豆に英ちゃんの会長宅で育てられたフルーツトマト。本日の日本酒「安芸虎 純米吟醸 生酒」が大いに受けます。


本日の特選素材鱸の造りですが銀色に輝く皮の湯引き、そして肝まで美味いのが英ちゃんのスタイルです。


煮物は「車海老、満願寺唐辛子、賀茂茄子の揚げだし」、今までになかったメニューです。旨い!


焼き物は天然岩牡蠣の貝焼きを豆板醤ベースのソースで頂きます。生で旨いものは焼いてさらに旨し! これまた本日の特選素材なり。


続いて登場は「鯵のたたき」ですが、刻み大葉、千切りの茗荷そして露生薑とともに英ちゃんポン酢で頂きます。この鯵も本日の特選素材、驚くほど新鮮な鯵にメンバー全員が頷きます。


そして鮎の唐揚げ。生きている鮎をそのまま唐揚げにするので内臓の旨味が凄いのです。これまた本日の特選素材。


極めつけがこの潮! 巨大虎魚の登場です。みんな無口になりむしゃぶりつきます! これこそ本日一の特選素材かも。


にぎりはまぐろ、すずき、たこ、海胆そして穴子。


果物は赤肉メロン。

来月は29日土曜日午後7時の開催です。15年以上毎月開催している食事とワインを楽しむ集いですが何方でもお越し頂けますので遠慮無くお申し込み下さいませ。
| ワイン日記 |
| 01:45 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第 189 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct