ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ワイン大学第360回30周年記念
あっという間に30年が過ぎてしまいました。近鉄百貨店上六店のワイン売り場米本氏のワイン会を引き継いだのが昭和60年のこと。第1回は天満橋のフレンチ「クー・ド・ポール」さん、しばらくは場所を変えずにやって参りました。その後毎回場所を変え月に一度第2木曜日と固定させていただいたのはつい最近のことだったでしょうか。

先日、北新地のとあるお店で遭遇したのが今回お世話になったレストラン・ヴァリエの高井シェフで、快く第360回をお引き受け頂きました。お口添え頂いた吉川様、そしてヴァリエの高井シェフ、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

2015年4月9日、大阪中之島ダイビル2階のレストラン・ヴァリエ、私を含む総勢20名にて30周年の開催であります。


先ずはアミューズ「京都山城筍と春野菜、セロリのゼリー」が登場。


続いて「グリーン・アスパラガスの冷たいヴルーテ」が掛けられます。最初から凝ったアミューズ・ブーシュであります。


続いてプルミエ・オードブル「北海道毛蟹のタブレ、和歌山甲烏賊の炙り、レモンヴィネガー風味、蟹味噌温度卵ソース」。見た目にも綺麗、食べても美味しい前菜であります。


ドゥズィエーム・オードブルは「静岡沼津 赤座海老 ムースリーヌ包み焼き、ラグー・エスカルゴ添え」。


このお料理にも「ソース・シャンパーニュ」が別に加わります。

非常に凝ったお料理ですがこのラングスティーヌは絶品の旨さです。



更にオードブルが続きます。トロワズィエーム・オードブルは「ブルターニュ リー・ド・ヴォー ロティ、モリーユ茸のソース」。プリプリの新鮮なリー・ド・ヴォーにうっとりするほど薫り高い季節のアミガサ茸のソースが絡みます。


本日の魚料理は「淡路島 舌平目とフォワグラ”ロッシーニ風”」。画像では分かり難いですけど真ん中にフォワグラのソテーが周りをソールで包んであります。これまた美味。


お肉料理は「岸和田 若牛蒡 リゾットを添えた仔羊のロティ」、メインのポーイヤック「シャトー・グラン・ピュイ・デュカス1982年」に合わせての仔羊ですが、まさに完璧な取り合わせであります。


アヴァン・デセール「マンゴープディング 金柑 デコポンゼリー ヨーグルト・シャーベット」。


大きなチョコボールみたいなものが登場。


それに熱いソースが掛けられると・・・ 本来もう一枚画像をご用意しなければなりませんが・・・ ピンぼけのため割愛。

「苺とリ・オー・レ ショコラ」が本日のデセールでした。


ミニャルディーズ。


ワインはシャンパーニュ・ボーモン・デ・クレイエール グランド・レゼルヴ ブリュット・アン・マグナム、ムルソー・ラ・グット・ドール2011年ドメーヌ・ベルナール・ミヨ、ヴォルネイ・サントノプルミエ・クリュ1985年ドメーヌ・ピエール・ブーズロー・エモナン、シャトー・タルボ1985年サン・ジュリアン、シャトー・グラン・ピュイ・デュカス1982年ポーイヤック。

どれも完璧な状態でした。30年前、あるいはそれ以上前の1982年の赤ワインの状態の良さには驚きです。

この日のためのワインにご協力頂いた(株)アンフィニー様、タカムラ・ワインハウス様、ボニリジャパン(株)様そして(株)モトックスの皆様に厚く御礼申し上げます。

| ワイン大学 |
| 05:11 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント
シャトー・タルボ1985年を本気で探しております!!
どこで手に入れられたのでしょうか?
お返事お待ちしております。
| 宮崎 雅子 |2017/11/28 04:53 PM |
宮崎様

このパーティーは2年半前のことですので、今現在保有しているところは無いと思いますよ。

30周年ということで各インポーター秘蔵のワインを譲っていただいたわけですから。

お役に立てず申し訳ございません。
| Georges |2017/11/30 09:39 AM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::ワイン大学第360回30周年記念
All Rights Reserved./Skin:oct