ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ある日のレストラン・コーイン@上本町7丁目
毎回訪れるたびに驚きの連続というレストランは他に例を見ません。いつもはワイン会でお世話になっているのですがプライベートで行くのもまた楽しいものです。


プレ・アミューズ・グールは一品ずつではなく団体さんでやってきます。

いつものグジェール・バーガーは名残の黒トリュフ入り。フォワグラテリーヌのスティックにも黒いものがまとわりついています。赤ピーマンのバヴァロワにもおまけが付いてます。


もう一皿画像からはみ出ていたのがこちら。のれそれのカクテル。これまた美味。


こちらが本日のアミューズ・グールで季節もの蛍烏賊。


前菜はホワイト・アスパラガスとリー・ド・ヴォー。お決まりのシャキッとした食感に茹でてあります。自家製フロマージュと黒トリュフも。


もう一品前菜は何とオマール・ブルトン。贅沢すぎるお料理の数々。


次はメインにお願いしていたものですが、このアングルだと何のお料理か解りませんね。


供された側とは反対から撮ると黒トリュフのスライスで覆われています。


食べてみないと分かり難いですけど鮑のステーキであります。肝のソースに2色のソース。これまた贅沢極まりない一皿。付け合わせは自家菜園からプチ・ウェール。


お腹一杯になったところで別のお料理がプレゼンされます。鳩のパイ包み焼き^^


名残の黒トリュフをこれでもかと云うほどオマケに。フォワグラと鳩の上身のバランスそして火の通りとまさに完璧な仕上がり。


柑橘系のグラニテだったかな?


デセールはチョコレートベースにマンゴーのソルベ。


いつものプティ・フール。

充実した一日でありました。コーイン湯浅シェフに感謝です! ご馳走様でございました。
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 01:42 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::ある日のレストラン・コーイン@上本町7丁目
All Rights Reserved./Skin:oct