ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

2015年のたんかん

今年の短観とちゃいます、果物の「たんかん」でございます。

柑橘類が好きで、特に好んで食べるのはこの時期しか流通しないこのたんかん。ネットでも購入できますが、毎年買うのは日本本土は宮崎県の農園のもの。沖縄や奄美大島の物が人気みたいですが、今まで食べ比べて自分の口に合うのはこの生産者の物です。

とにかく香りが心地良いのです。味わいは甘酸のバランスが取れてコクのあるもの、味の密度が高いので満足感が得られます。海外の柑橘類は防かび剤などの添加物のおかげでその体を成している訳であり、私は進んで食べようとは思いません。現地で食べ頃を見計らって収穫され、翌日には大阪に届くのですから国内産の柑橘類を食べたいと思うのです。

大きさは直径9.5センチほどでしょうか、重さはこの個体の場合240グラムです。ミカンを普通に食べるように成り口から皮を剥いて、じょうのう(瓤嚢)膜ごと食べられます。

とりあえず最初に食べた物は全く種がありませんでした。食べ方は普通のミカンと同じですがネーブルのような香りと濃い味、じょうのう膜が薄いからとても食べやすいのでお薦めです。
| こだわり食材 |
| 01:35 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年のたんかん
All Rights Reserved./Skin:oct