ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワインメーカーズディナー
国産ワインにはまったく興味ございませんが、知人が行くとのことでお付き合い、とある中国料理店に参りました。

まずはデラウェアから造ったという白ワイン。ワインというより葡萄ジュース、匂いは葡萄そのままでワインとしての香りとは縁遠いもの。若干ではない濁り、純粋な葡萄果汁では無いように感じます。

デラウェアは普通食用葡萄であり、ワインに使えないことはありませんが、生産者はこの葡萄に拘ると仰る。人それぞれ好みはいろいろ。

デラウェア DELAWARE は1849年アメリカはオハイオ州のデラウェアで Thompson, A.; Provost, P. の両氏により種間交雑から生まれた葡萄であります。つまりその生まれた地名にちなんで名付けられた葡萄であり、日本原産ではありません。そのオリジンは複雑な種間交雑ゆえ興味ある方はこちらをご覧ください。ヴィティス・アエスティヴァリスはこちらをご覧ください。ヴィニフェラ、ラブルスカ以外に葡萄の種は存在します。

さて会場となった中国料理店のセラーを拝見して驚きました。

何と DRC などの高級ワインがズラリ勢揃いしているのです。客単価 6000円ほどのお店にこれだけの高級ワインが必要なのか甚だ疑問でありますが、富裕層が集まる北新地近くなのでアンバランスなワインを注文する客が来店するのでしょうね。

お料理ですがカナッペの類はありがちな濃い味ではなく薄味で上品過ぎるほど。薄いワインのために特別に作られたのかどうかはわかりませんがなかなか好みであります。さらに変わり豆腐のサラダ、蒸し鶏の冷製、海月など美味しく頂きました。

ところが鰆の焼き物はサゴシ、最近の中国料理ではサゴシを鰆と呼ぶのかもしれませんが・・・。メインとなる青椒肉絲には青いピーマンではなく赤・黄ピーマン。肉は流行の熟成肉か、固いのは仕方ないかもしれませんが奇妙な臭いに閉口であります。

極めつけはこの店の自慢料理バーツァン中華粽、肝心の豚肉の脂が美味しくありません。豚の質も悪ければ調理もイマイチ。これで流行っているなら大阪人の舌のレベルを疑われても仕方ありません。

またワイン生産者の弁が気になります。

「濃いワインが欲しければ他所へ行け、薄いワインこそ私の求めるワインである」

飲んでいる最中にも変化してしまうワインなど評価の対象にもなりません。またワインは造ってすぐ飲むべきものではありません。質の良いワインと、単に欲しがる人が多いワインとは全く次元の違うものと考えます。

ワインのようなアルコール飲料という新たな領域の飲み物と考えます。

| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:44 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ワインメーカーズディナー
All Rights Reserved./Skin:oct