ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

凄いワインに遭遇しました!
会員ページを復活させたい位感動のワインですが、27日のワイン大学定例会でご披露したいと思います。
あおり烏賊を買いました。私はこの烏賊のミミが好物ですが料理屋さんでは普通供されることはありませんね。げそと肝は残して身は糸造りにしましたが実に甘みがあって美味しいです。寒くなったので先日の芋焼酎をお湯割りで烏賊に合わせました。
普通烏賊の糸造りは生姜を添えることが多いと思いますが、太い綺麗な山葵をおまけで貰ったので山葵醤油でいただきました、う~ン旨い。
あおり烏賊のミミは同じく糸造りにしましたが、普通捨ててしまう口とか墨も残して貰います。口はくちばしを取り除くと周りはとても美味しいのです。あおり烏賊の肝はとても甘く最高の味です。ニンニクをアッシェしてオリーヴオイルを加え、極弱火で炒め玉葱スライスとげそをソテーし最後に肝を入れます。味付けは軽く塩胡椒だけ。げそはこうして食べると立派なご馳走になります。





| ワイン日記 |
| 04:52 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::凄いワインに遭遇しました!
All Rights Reserved./Skin:oct