ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

夜の訪問者の正体
本日は仕事休みの日ですが、到着する荷物があるので会社に来ました。露天のガレージに車を止めふと見上げると、その隣の家との間のブロック塀の上に大きなニャンコが座って居るではありませんか!

彼こそいつも昼間は絶対に姿を見せない「夜の訪問者」に違いありません。大型の猫で、よく見ると立派な縞模様があり、ところどころ本物の虎のような色も。夜しか見たこと無いのでグレーの縞猫とばかり思っていました。

カメラを取りだして近付きましたが朝はなんだかご機嫌斜めのご様子です。

「こっち向いて! ニャーオ」と云っても知らん顔。

実は昨日の夜も現れ、そのときは尻尾を立てて近寄ってきたのですけど、今朝はちょっと警戒しているような素振りであります。

カメラには慣れていないのか、こちらを見る眼にぎこちなさを感じます。そわそわし始めたご様子。

カメラを構えるのを止めて、近付きながら猫真似声で安心させます。

ちょっとだけ近付いてポーズを取って貰いましたがやはり笑顔はありません。怖がっている訳でもなさそうなのですが夜とは全く違う表情なのでちょっと残念であります。

シャッターを2、3度押したでしょうか、カメラを向けられるのがお嫌いみたいで、1メートルほど上の庇に飛び移ってしまいました。日当たりの良い庇の上で丸くなってしまい撮影終了であります。

どうやらこの家の飼い猫みたい。私は猫を飼った経験がないのですけど、顔の例えばヒゲなどから推定年齢が分かるのでしょうか?

もし老猫なら、夜な夜な徘徊しているのかも知れません。

えっ、誰かと似ているって!

| ワイン日記 |
| 10:28 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::夜の訪問者の正体
All Rights Reserved./Skin:oct