ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワインとピアノ@ル・ビストロ・クードポール
ピアノ演奏のあとにワインとフレンチです。場所はいつもお世話になっているクードポールさん。

はじめにスクリャービンアルバムリーフ作品45-1 、続いて同じくスクリャービンのポエム作品32-1。


アミューズ・グールに蟹グラタン。ワインは Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Blanc 2011 Domaine Chevillon-Chezeaux です。


前菜の1皿目は牛肉のカルパッチョ。生肉禁止令のおかげで「ローストビーフの薄切り、パルミジャーノ・レッジャーノ添え」になってしまいましたけど。


前菜2皿目は「フォワグラのソテー、トピナンブールのヴルーテ」。両方のお料理にもブルゴーニュ・ブランはとてもよく合います。


魚料理は平鱸と雲子のボンファン。このようなクリーム系のお料理にはブルゴーニュのシャルドネが実によく合いますね。


メインはタンシチュー。付け合わせは細めのアリコ・ヴェールと姫人参、そして好物グラタン・ドーフィノワ。ワインはフルール・ド・クリネの2007年。丁度飲み頃を迎えたばかりのボムロール。


デセールと紅茶で〆。

大変有意義な時間を過ごせました。
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 02:23 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ワインとピアノ@ル・ビストロ・クードポール
All Rights Reserved./Skin:oct