ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第355回クードポール・ワインを楽しむ会
今年の忘年会のトップとして天満橋のフレンチ、ル・ビストロ クードポールさんのワインを楽しむ会です。こちらのワイン会もあと5回で丸30年を迎えます。


先ずはアミューズ・ブーシュ「カリフラワーのムース、キャヴィア添え」、周りの緑は蕪の葉のピューレです。
ワインはドイツのゼクト、超辛口のリースリングでキレも良く、食事との相性もなかなかのもの。ドイツワインも進化してますね。


2つ目のアミューズは「牡蠣のグラチネ」。ライスグラタンに牡蠣が入っています。


オードブルの一皿目は「鮑と原木椎茸のフリカッセ」。これにはコート・デ・ブランのシャンパーニュ・エクストラ・ブリュットを合わせます。


2番目のオードブルは「フォワグラのソーテ、安納芋のヴルーテ」。


魚料理は「平目のボンファン」。このお料理と白ワイン(オークセイ・デュレス)の相性が実に素晴らしい。「モンラッシェ」系統ばかりがもてはやされる現状ですが、コート・ド・ボーヌには他に美味しい白ワインが結構ございます。


肉料理は「和牛イチボのロースト」。赤ワインはブルゴーニュのコート・ド・ニュイ、ミレジムは2009年。

フロマージュにはメドックの2008年、カベソー主体の骨太ワインを合わせます。


デセールはフルーツ・ロール・ケーキ。

今年1年も無事過ごすことが出来ました。来年1月は8日木曜午後8時開催です。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 02:11 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::第355回クードポール・ワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct