ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第177回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今回は遠く福島県からのメンバーを迎え、東京からお越しのメンバーと共に賑やかな集いと相成りました。


まずは自家製の塩辛「はも子」からスタートです。添えられるのは瓜の厚めスライス。


口取りは鱸の障子焼き、豆鯵の南蛮漬け、茶豆と絹さやの胡麻醤油和え、そしてサマー・フルーツトマト。


旬のお造りは鱸。出所の良い、至って新鮮な鱸なので臭みとかクセなど一切ありません。こりこりした食感に山葵と合わせると最高です。

合わせるワインはマルケ州の赤ワイン。世間では全く騒がれることのない存在ですが飲めば誰もが驚くその旨さ! ワインはお値段に正比例して旨くなると思っておられる方が多いのですが、それは売る側の台詞にまんまとのせられているだけで、味が分かっている人間はその手には引っかからないのであります。


目板鰈の煮付け。夏場の煮魚は難しいので蛸柔らか煮、もしくは茂魚煮付けの方が無難だったのかも知れません。


はもの白焼き。山葵と共に梅肉もしくは醤油で頂きます。天神祭に欠かせない食材ですが、この時期の鱧はまだそんなに脂がのっていません。


でました! 本日の特選素材は大分産の天然岩牡蠣。大きさにご注目下さい!


アップするとクリーミーさがお分かり頂けるように思います。


天麩羅です。はもと穴子、そして海苔で巻いた淡路は由良の赤海胆。


茂魚の潮仕立ては別添えの特製ポン酢で頂きます。やはり夏場の白身は茂魚が一番です。


おすしはまぐろ赤身、天然車海老踊り、頭の塩焼き、蛸、鯵そして由良の赤海胆。


果物はとても甘い桃。

来月の英ちゃん会は30日土曜日午後7時です。恐らく登場するのはメイチダイ。本当に旨い魚を食べてみたい人は是非一度参加してみて下さい。お問い合わせは→ からメールして下さいね。コメントに書き込んで頂いてもOKです。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 02:06 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第177回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct