ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

「SANGIOVESE」をシノニムとする第3の葡萄
さて何も付かない「SANGIOVESE」をシノニムとする第3の葡萄について書きます。その葡萄は「SANGIOVESE」以外のシノニムの一つに「SANGIOVESE GROSSO」を持っています。

昨日の重要なポイントとして正式名称 SANGIOVESE はシノニムの一つとして SANGIOVESE GROSSO を持っていることが重要と申し上げましたが、正式名称 SANGIOVESE 以外の葡萄に SANGIOVESE GROSSO というシノニムを持っている葡萄が存在することが根本的な問題なのであります。

ちなみに SANGIOVESE GROSSO をシノニムとする葡萄は今から申し上げる葡萄と正式名称 SANGIOVESE 以外には存在しません。

言い換えるとサンジョヴェーゼ・グロッソという葡萄は正式名称 SANGIOVESE 以外にもうひとつ存在すると云うこと。即ちワインに置き換えると、ワイン法で定められる葡萄規定に「SANGIOVESE GROSSO」とあれば、使うことの出来る葡萄は2種類あっても不思議ではないということ。

前置きは長くなりましたが、結論を申し上げると SANGIOVESE をシノニムとする第3の葡萄は正式名称 BRUNELLO DI MONTALCINO 、あの DOCG ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのワインと同じ名前の葡萄が存在するのです。ところがこの葡萄、イタリア政府は公式に認めておりません。あくまでサンジョヴェーゼと呼ばれる葡萄は正式名称 SANGIOVESE ただ一つであるという認識なのです。

VIVC のサイトからこちらをご覧下さい。シノニムは SANGIOVESE 以外に

BRUNELLO MONTALCINO

SANGIOVESE GROSSO

が含まれます。シノニムとして恐らく省略形と思われる BRUNELLO もあるはずですが、昨日の正式名称 SANGIOVESE の 81 もあるシノニムと比べて非常に少ない。ですが、同じ名前のシノニムを共有していることにご注目下さい。

正式名称 BRUNELLO DI MONTALCINO のシノニムは、ブルネッロ・モンタルチーノ、サンジョヴェーゼそしてサンジョヴェーゼ・グロッソの3つに限定され、栽培面積はこちらの通り、少し古いデータですが 1990年にイタリアで 1,110 ヘクタールとなっています。

イタリア政府は認めていない正式名称ブルネッロ・ディ・モンタルチーノという葡萄が 1990年の時点でイタリア国内に 1,110 ヘクタールも植えられているのが事実でありました。

と云うことは、モンタルチーノ地区ではブルネッロと呼ばれる(粒の大きい)葡萄は正式名称サンジョヴェーゼと、同じく正式名称 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの2つが混植されている疑いが濃厚であると云うこと。

サンジョヴェーゼの粒の大きいクローンが DOCG ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使われるのではなく、正式名称 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノという葡萄が本来 DOCG ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使われるべきではないか。

そもそもモンタルチーノ地区で栽培される「大きな果実」をシノニムとするサンジョヴェーゼ・グロッソ SANGIOVESE GROSSO とキアンティ地区で栽培される「小さな果実」の SANGIOVESE PICCOLO、SANGIOVESE PICCOLO PRECOCE とは、単なるクローンの違いではなく葡萄品種そのものが異なると云うことです。品種改良により生まれたものではなく元々別品種であるということです。従って生産者により味が異なるのは当然のことかも知れません。実際に飲んで、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノというワインには美味しいものとそうでないものとの差が激しすぎると感じていました。

恐らく DOCG ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのワインは、葡萄が正式名称 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノだけで造られたワインと、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとは本来異なるサンジョヴェーゼを混醸したワインが存在する。あるいは正式名称サンジョヴェーゼだけで造られているブルネッロ・ディ・モンタルチーノを称するワインが存在する可能性が非常に高いと思われます。

こちらをご覧下さい。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの正式サイトであります。下の方(8ページ目)をご覧頂くとその地図と葡萄栽培面積が示されてありますが、コピーさせて頂くと次の通りです。

Superficie dei terreni vitati - Surface covered with vineyards
Totale - Total Ha 3.500
Brunello di Montalcino DOCG Ha 2.100
Rosso di Montalcino DOC Ha 510
Moscadello di Montalcino DOC Ha 50
Sant’Antimo DOC Ha 480
Altri vini - other wines Ha 360

2012年のデータですので 1990年のVIVC のデータと比較するのは乱暴かも知れませんが、VIVC によると「BRUNELLO DI MONTALCINO」の栽培面積は1990年で 1,110 ha とされているにも拘わらず、2012年の DOCG Brunello di Montalcino での葡萄栽培面積は約二倍の 2,100 ha となっています。引き算すると 990 ha にはブルネッロと呼んでいるだけの正式名称「サンジョヴェーゼ」が植えられているに違いありません。

結論です。DOCG ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使われる葡萄は法律上1つとなっていますが、葡萄分類学上では2つ存在すると云うこと。当然の事ながら葡萄そのものが異なる訳ですから、生産者によってワインの味が大きく異なる場合が多いと云うこと。法律で明確に区別する必要があると考えます。

| ワイン雑感 |
| 05:17 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::「SANGIOVESE」をシノニムとする第3の葡萄
All Rights Reserved./Skin:oct