ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ダイエット作戦、小休止しながらも継続中
似たような画像ばかりで申し訳ございません。体重計の「十」の位の数値が元に戻ってしまい意気消沈。ですがその理由を考えてみると、答えは先日来の胡桃の食べ過ぎと判明。やはり年相応のカロリー制限に踏み切る方が良さそうです。
で、本日は時間制限45分でいくらカロリー消費できるかに挑戦。結果はご覧の通りであります。

若干心拍数はオーバーしたものの、127以上に上がることはなく平均時速 32km/h を維持してギリギリ 400kcal 達成しました。おかげさまで「十」位の数値は2週間前と同じに下がりました。

本日の音楽プログラムはアレクセイ・ヴォロディンのショパン・アルバムから即興曲と舟歌に幻想ポロネーズとちょっとだけ3番のソナタ第1楽章。ありふれた曲ですが幻想即興曲は人並みはずれた名演です。

さて昼食は外食せず簡単湯豆腐にフルーツトマト、食後はコーヒーと黒糖かりん糖2つ。簡単湯豆腐は気に入っている木綿豆腐をさいの目切りして皿に盛り、ラップを掛けて電子レンジで4分30秒。水分を捨て半擂り煎り胡麻と焼き海苔をトッピングにポン酢を掛けて頂きます。フルーツトマトは皮をむかずに適当に切りエクストラヴァージンとバジルの葉っぱをちぎって添えるだけ。

ワイン選びについて一言。fb だったか twitter のどちらかで呟いたのですがこれからの選択は「今飲んですぐ美味しいワイン」を取り上げて参りたいと思います。有名ワイン評論家のコメントではいくら良いポイントが付いていても「予想熟成」期間が数年後あるいは十数年後のワインなど日本国内で保管することなど想定外ですので、ポイントに値する味が望めるとは限りません。また最近の価格はどこぞの外国人による買い占め騒ぎで異常な高値と相成りました。本来の価値観とは別の方向に向かっている訳です。

以前申し上げたように一旦高値が付くようになると味の旨い不味いにかかわらず高値を維持しようとする輩によって価格は下がることはありません。評論家という連中、銘柄が世界的に認知されると極端に低い評価を下すことはなくなります。つまり薄くてつまらないワインを「上品で繊細な味」などと評価する訳です。私からすると「そんなワインなら他にいくらでもあり価格は 1/3 だ」と申し上げたい。

でもね「高いワインが美味しいと信じている人が多い」のがこの世の中であり、それで満足している人にお安い美味しいワインの情報を教える必要はないのです。

という訳でワイン大学定例会や直心の会、英ちゃんの会にお越し頂ける方にはコッソリお知らせしたいと思います。



| 音楽セレクション::演奏家 |
| 01:44 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ダイエット作戦、小休止しながらも継続中
All Rights Reserved./Skin:oct