ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第174回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
多忙な毎日が続き更新疎かになってます。無理せずぼちぼち続けますので何卒よろしくお願い申し上げます。
英ちゃん冨久鮓さんは会社組織ですが、このたび社長の座を息子さんに譲られました。今後は若大将が中心になるとのことですが、大将はまだまだお店に出られるご様子です。

さて4月の英ちゃん会は鯛が主役であります。鯛の旬に関しては諸説がありますけど「獲れる場所により旬は異なる」というのが自説であり、この時期に旨い鯛は実際に存在します。

まずはシャンパーニュで乾杯、お料理が始まります。


蛍烏賊の沖漬け、定番の旨さですがシャンパーニュとの相性も非常に良好です。


口取りは山菜が中心で野蒜のぬた、鯛の子煮、屈、蕨、そして大粒の浅蜊塩焼き。


鯛は背を松皮造り、腹は普通に、肝は火を入れて供されます。スペインの赤ワインを合わせますがとてもよく合います。


鯛の刺身をアップで。


煮物はこの時期定番の「若竹煮」、筍の柔らかさに驚きです。


焼き魚は巨大なきんき、付け合わせと大きさ比較して頂ければどれだけ大きいかお分かりのはず。もちろん脂がのってますけど焦げてないのが不思議です。


藁で焼く「鰹たたき」を特製ポン酢で頂きますが、これにはスペインの稀少なブドウで出来たワインを合わせます。ホンマに美味しい。


鮎魚女の唐揚げは面白い食感です。


鯛白子の吸い物。しっかりした白子に驚きです。


本日のおすしはちらし寿司。


デザートは大きな苺。


北新地へ移動したら、誕生日を覚えて頂いたマダムに遭遇。新しいお店はバカラのデカンタをオブジェに。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 01:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第174回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct