ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第172回英ちゃん冨久鮓究極の河豚料理会
先日の予行演習に引き続きいよいよ本番を迎えました。

河豚料理の醍醐味は焼き河豚にあり。また河豚を生かすも殺すもポン酢醤油次第。もちろん河豚は新鮮な天然河豚に限ります。


まずは「いくらのおろし和え、針柚子天盛り」です。河豚の卵巣は食べられませんのでいくらを以てその代用という意味合いです。


河豚皮の煮凝りはすごい弾力があるのですけど口の中に入れるとサッと溶けます。


綺麗な赤い色が入るてっさは天然ならでは。


お餅みたいにふっくら! 白子の塩焼き。


白子の醤油焼きにシャンパーニュが非常によく合います。塩焼き、醤油焼きと別々に焼きたてを供されるので熱々を食べることが出来ます。


英ちゃん冨久鮓のご主人福田光宏氏が自ら両手使いを披露! 手際良く炭火で焼かれるのは遠江と身皮。


これが遠江。分厚いのでもう少し焼いて頂く方が良かったと思います。


好評だったのは身皮の塩焼き。


これも身皮。東京では絶対に食べられない関西ならではの河豚料理であります。


これでもか! というほど量もタップリの焼き河豚用切り身。河豚の旨さは焼き河豚が一番です。



焼き河豚のこちらはほっぺ。


同じく焼き河豚、部位は失念。


予行演習の成果のひとつ「河豚上身の西京味噌漬け」。


蕎麦をすするように皮の湯引きを食べる人が続出^^


唐揚げもこのボリュームです。部位はウグイスも入ってます。


鍋にはこれまたすごい量のしゃぶしゃぶと云うよりぶつ切りに近い上身です。


鍋には河豚のアラでとった出汁。そして椎茸を投入。


ぶつ切りのしゃぶしゃぶ、非常にお薦めです。


鍋には白子が入っているのでこの通り。御飯を入れてじっくり炊き、冷ましてから葱と溶き卵を入れ雑炊に。とても美味しい雑炊です。


デザートはたんかん。

最高の河豚料理でした。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 02:36 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント
先月の白子の巻き寿司も素晴らしかったのですが、復帰した英ちゃん大将の渾身のコースでした。

白子焼も焼き河豚も1つずつ出てきて時間はかかるけど、1つ1つの皿の意味が明確になってよかったと思います。

また河豚はワインとあう素材だということがよくわかりました。養殖だとダメですけど。

河豚の会は毎年2月が良いですね。今回の参加者は、普段の会費の2倍払ってもよいと思ったでしょうね。
| debussy |2014/02/25 05:11 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第172回英ちゃん冨久鮓究極の河豚料理会
All Rights Reserved./Skin:oct