ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Servant
Servant B

セルヴァンと読む白葡萄、Forvo の発音はこちらを開いてお確かめ下さい。決して「召使い」「奉仕者」を意味する英語ではございません。

先ずは画像ですが、VIVC からこちらの拡大画像をご覧下さい。かなり大型の葡萄房でパスポートデータに戻り末尾の使用用途を見るとワイン用・食用とあります。こんなにご立派なら食べ応えありそうです。

他の画像ですが元祖はこちら、フランス農水省に近いサイトはこちら、ですが後者の葡萄房はかなり小さいように見えます。

直近のデータはありませんけど VIVC によると 2006年フランスでの栽培面積は 134ha 、こちらから 2008年も同じく 134ha とのことですので南フランスでは僅かながら栽培は続けられているはず。

ワインを検索するとこちらが見付かりました。100% セルヴァンで造られた白ワイン、ですがアペラシヨンでも IGP でもなく単なる VTF ヴァン・ド・ターブル・フランセーズ。ですが説明文は怪しげで、「東洋」に起源を持つ葡萄とありますが、VIVC によると当該葡萄はフランスを原産国としています。

まあシノニムについての記述は若干信憑性がありそうですが・・・。

ちなみにセルヴァンのシノニムは次の通り。コピーさせて頂くと

GROS VERT
NARDIN
NONAY
SAINT JEANNET
SERVAN
SERVAN BLANC DE GRECE
SERVAN DE L'HERAULT
SERVAN GROND
SERVAN ROND
SERVANT BIJELI
SERVANT DI SPAGNA
SERVANT ROND
SERVBANT DE L'HERAULT
ST. JEANNET

セルヴァンですがフランス中央部はピュイ・ド・ドーム県の同じ名前のコミューンとは全く無関係のはずです。


| ワイン雑感 |
| 01:29 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Servant
All Rights Reserved./Skin:oct