ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

SERENEZE DI VOREPPE
Sérénèze N

本日取り上げるのはアクサン・テギュ2つにアクサン・グラーヴ1つという、やたら発音記号が付いた「セレナード」もとい「セレネーズ」であります。発音は Forvo からこちらを開いてお聞き下さい。

画像を探そうと元祖のサイトを開くと、オッと名称が異なり「le Serénèze de Voreppe」とのこと。アクサン・テギュが1つ足りませんね。

abcduvin.com のサイトはこちらで表記は元祖と同じです。

フランス農学研究所関連サイトはこちらで「Sérénèze」として、またこちらではそのクローンとして「Serénèze de Voreppe」を挙げています。

フランス農水省関連のこちらのサイトでは当然の如く名称は Sérénèze N でそのオリジンについては次の説明があります。コピーさせて頂くと

Ce cépage originaire de l’Isère résulte, d’après les analyses génétiques réalisées à Montpellier, d’un croisement entre le Gouais B et le Chatus N.

即ちこの葡萄はイゼール県に由来し、モンペリエでの遺伝子的解析によりグエ・ブランとシャチューの交配だと判明した。とのこと

では VIVC を見てみましょう、こちらがそのパスポートデータで、正式名称は「SERENEZE DI VOREPPE」、フランス原産なのに表記はイタリア語的表現? なのでしょうか。こちらではその母がグエ・ブラン正式名称ホイニッシュ・ヴァイスであることは分かっているものの、父は不明となっています。

VIVC のペディグリーの検索で「Chatus」を父または母とする葡萄を検索すると

ALBAROSSA 239
CORNAREA 2839
COUDERC 66- 1 19410
NEBBIERA 8416
PASSAU 8965
SAN MARTINO 10671
SAN MICHELE 10672 SOPERGA 12085
VALENTINO NERO 12872

は出てきますが、当該葡萄は当て嵌まりません。一方のホイニッシュ・ヴァイスを母に持つ葡萄は拙ブログのこちらで取り上げたように当該葡萄の存在が確認出来ます。

従ってセレネーズは現在のところ、ホイニッシュ・ヴァイスとシャチューの交配ではないという結論に至ります。

フランス原産の葡萄と云うだけで現在のところ画像は確認出来ますが、実際栽培面積は不明であり、原産地とされる IGP イゼール、それを含む IGP COMTÉS RHODANIENS コンテ・ロダニアンの葡萄規定にもその名がありません。また各専門サイトで名称すら定かではない葡萄であります。

こんな葡萄をフランス政府が公式に認めるとは理解に苦しみます。

| ワイン雑感 |
| 10:45 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::SERENEZE DI VOREPPE
All Rights Reserved./Skin:oct