ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Sacy 3
昔の赤本から VDQS Saint-Pourçain を開いてみたら当時の葡萄品種についてメインとなるのは Tressallier となっていて最大 50% とのこと。このトレサリエとは現時点での正式名称 SACY のフランス政府が公式に認めているシノニムであります。
即ち昔はサシーが主たる品種であって、その次に登場する葡萄は何と次の次に登場予定の Saint Pierre Doré 、「マトウダイ、どれ?」ではありません、サン・ピエール・ドレ。ですがこの名前は現在のアペラシヨン・サン・プルサンにはありません

サン・ピエール・ドレは後回しにしてこのサシー、フランス農学研究所関連サイトでは先日申し上げたようにこの葡萄の原産地をアペラシヨン・サン・プルサンの範囲内であるオーヴェルニュ地方のアリエ県としていますが、そうではないと主張するサイトがいくつか存在します

たとえばこちらをご覧下さい。アペラシヨン・サン・プルサンのワインを生産しているドメーヌのサイトですが、葡萄の説明の最後をご覧下さい。コピーさせて頂くと

LE TRESSALLIER : s’il est une particularité dans le vignoble de Saint-Pourçain, c’est bien le Tressallier. Originaire de l’Yonne et autrefois connu sous le nom de Sacy de l’Yonne, ce cépage a migré au fil des temps jusque dans notre région, où il a trouvé un climat et un terroir propices à son développement.

つまりヨンヌ県のサシー(コミューンの名前)に由来する葡萄、トレサリエは元々ヨンヌ県で栽培されていたものでしたが、気候やテロワールなど研究して長年の年月を経て移動させたものと考えられるとのこと。要するに原産地はヨンヌ県サシーであるとの主張であります。

さてこの葡萄の起源は VIVC のパスポートデータから

Prime name of pedigree parent 1   HEUNISCH WEISS
Prime name of pedigree parent 2   PINOT

この組み合わせはかのシャルドネ・ブランなどと同じです。他にもありますね、ALIGOTE 312 、BEAUNOIR 1062 、MELON 7615 、PEURION 9211 がそれぞれ母:ホイニッシュ・ヴァイス、父:ピノ(70742)のパターンであります。

古くからフランスでは忌み嫌われたホイニッシュ・ヴァイスですがその子孫の多くは現在フランスワインを造る上で無くてはならない存在となっています。

さてさてこちらをご覧下さい。上から2番目のワイン「Tressallier des Gravières : 7.00 € 」ですけど画像をクリックすると拡大画像が現れます。よくご覧下さい!

恐らくこのワインは説明から葡萄はブレンドされたとしても大半はトレサリエ即ちサシーで造られたものと考えられます。ラベルには「Saint-Pourçain」の表示がありますが「Appellation d’origine contrôlée」の文言は見掛けません。

VDQS の表記もありませんし、このワインのヴィンテージは2010年となっています。

AOC Saint-Pourçain は2009年 5月 28日に公布されていますのでアペラシヨン・サン・プルサンを名乗るのであればトレサリエだけでワインを造ることは不可能なはず。それともこの中央フランスはパリから遠く離れているので好き勝手にワインを生産出来るのでしょうか。

| ワイン雑感 |
| 02:07 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Sacy 3
All Rights Reserved./Skin:oct