ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Piquepoul Gris
Piquepoul Gris

ピクプール・グリ、一連のピクプールシリーズの果皮が灰色という珍しい品種です。ピクプール・ブランはフランスでは大変人気の様子ですがこちらのグリは殆ど栽培されていないのが現状です。原産地は南フランス、ラングドック地方とするのが一般的とのこと。

さてこのピクプール・グリですがネット上に画像は殆ど見掛けません。新フランス葡萄のサイトにはその貴重な画像があります、こちらをご覧下さい。またこのサイトでは当品種をピクプール・ノワールの果皮灰色化突然変異種であると説明していますが VIVC ではそうではないとする見解であります。

フランス農学研究所関連サイトのこの品種に関する詳細データはこちら、VIVC のパスポートデータはこちらをご覧下さい。シノニムは少なく次の通りで、コピーさせて頂くと

AVILLO
LANGUEDOCIEN
PICAPULLA
PICPOUL
PIKEPUL SERYI
PIQUEPOUL ROSE
SZUERKE PIQUEPOUL

この葡萄を使って出来るワイン、アペラシヨンを取得しているものと云えば、De Vignes en Vins... のサイトからこちらをご覧下さい。こちらではワインの名称を独自で「Picpoul gris」と命名しています。どういう訳か右手の索引にこの名前はないのですけどね。

2 appelations dans une seule sous-région autorisent le cépage « Picpoul gris » :
Le cépage « Picpoul gris » est utilisé en assemblage dans :
Côtes du Rhône Méridionales : Châteauneuf du Pape, Tavel .

つまりピクプール・グリはシャトーヌフ・デュ・パープとタヴェルの2つのアペラシヨンで、ブレンドの一つの葡萄として使えるとしています。念のため2つのアペラシヨンの詳細から葡萄規定をコピーさせて頂くと(先ずはタヴェルから)

1°- Encépagement
Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : bourboulenc B, cinsaut N, clairette B, clairette rose Rs, grenache blanc B, grenache gris G, grenache N, mourvèdre N, piquepoul blanc B, piquepoul gris G, piquepoul noir N, syrah N ;
- cépages accessoires : calitor N, carignan blanc B, carignan N.

2°- Règles de proportion à l’exploitation
a) - La proportion de l’ensemble des cépages grenache N, grenache blanc B et grenache gris G est supérieure à 30% et inférieure à 60 % de l’encépagement ;
- La proportion de chacun des cépages principaux est inférieure ou égale à 60 % de l’encépagement ;
- La proportion de chacun des cépages accessoires est inférieure ou égale à 10 % de l’encépagement.

a) - Assemblage des cépages
Les vins sont issus d’un assemblage dans lequel le cépage grenache N est obligatoirement présent.

使用可能な葡萄、栽培面積の割合、ブレンドの規定と3つに分けて記載があるので要注意です。また昔の法令とは葡萄の解明が進んだため葡萄名そのものが新しく書き直されているので注意が必要です。

AOCタヴェルの主要葡萄として白のブルブランク、クレレット・ブランシュ、グルナッシュ・ブラン、ピクプール・ブラン、果皮がロゼ色のクレレット・ロゼ、果皮が灰色のグルナッシュ・グリと当該葡萄ピクプール・グリそして黒のピクプール・ノワール、サンソー、ムルヴェドルとシラー。主要葡萄はそれぞれ栽培面積が60% 以下。グルナッシュ3種は30%~60% 以内の栽培比率。

補助葡萄としてカリトール、カリニャン・ノワールの黒葡萄と白のカリニャン・ブラン。補助葡萄の栽培比率はそれぞれについて10% 以下。

ブレンドする場合に必要不可欠なのはグルナッシュ・ノワール。

次に何度かご紹介しているシャトーヌフ・デュ・パープは

V. - Encépagement
Les vins rouges et blancs sont issus des cépages suivants : bourboulenc B, brun argenté N (localement dénommé « vaccarèse »), cinsaut N, clairette B, clairette rose Rs, counoise N, grenache blanc B, grenache gris G, grenache N, mourvèdre N, muscardin N, picardan B, piquepoul blanc B, piquepoul gris G, piquepoul noir N, roussanne B, syrah N, terret noir N.

赤・白共に葡萄規定は同じであるということ。その内容は白のブルブランク、クレレット・ブランシュ、グルナッシュ・ブラン、ピカルダン、ピクプール・ブラン、ルーサンヌ。果皮ロゼ色のクレレット・ロゼ。果皮灰色のグルナッシュ・グリとピクプール・グリ。黒のブリュン・アルジェンテ、サンソー、クノワーズ、グルナッシュ・ノワール、ムルヴェドル、ミュスカルダン、ピクプール・ノワール、シラーそしてテレ・ノワールの全部で18種類。

従って2つとも○と云うことです。シャトーヌフ・デュ・パープの白ですが、極端なことを云えば黒葡萄の果皮を素早く取り除いて果汁を搾り、白ワインとすることが可能であります。

以上長々と説明したのですがこの葡萄、2011年限在フランスでの栽培面積は僅か 2ha と情けない数値であります。

| ワイン雑感 |
| 04:32 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Piquepoul Gris
All Rights Reserved./Skin:oct