ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

正式名称 MUSCAT HAMBURG
葡萄品種 Muscat de Hambourg N

フランス農水省公式葡萄品種目録では上記の通りですがカタカナ表記するとフランス語なのでミュスカ・ド・アンブールとなるはず。ですがこれはシノニムの一つであり、英国原産なので正式名称は英語で MUSCAT HAMBURG、カタカナ表記はマスカット・ハンバーグで良いと思います。

VIVC のパスポートデータはこちらで、そのオリジンについてはコピーさせて頂くと

Original pedigree SCHIAVA GROSSA × MUSCAT OF ALEXANDRIA

Prime name of pedigree parent 1 :SCHIAVA GROSSA
Prime name of pedigree parent 2 :MUSCAT OF ALEXANDRIA

マスカット・ハンバーグはイタリア原産スキアーヴァ・グロッサを母、マスカット・オブ・アリグザンドリアを父として生まれた交配種。1850年英国の個人栽培家 Snow 氏が交配に成功したとのことで、96 例報告されているシノニムの中に SNOW'S、SNOW'S MUSCAT HAMBURG、SNOW'S MUSCAT HAMBURGH が含まれています。

画像ですが VIVC の MUSCAT HAMBURG のページを開き

Photos of the cultivar 14

の「14」の数字をクリックすると多数の画像が現れますので、例えば最下段左から2番目の葡萄房の画像をクリックして「Zoom +」を2回クリックするとこちらの画像が登場するはずです。

元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら、新フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。後者によると2008年現在フランスでの栽培面積は 4,320ha とかなり広い。

ですけどアペラシヨンを有するワインでこの品種が使えるのは AOC Palette だけとなっています。もちろん IGP では南フランス一帯カバーしているのですが・・・

栽培面積が大きいのは理由があります。

AOC Muscat du Ventoux 、ワインのアペラシヨンと違います、食用葡萄ミュスカ・デュ・ヴァントー、こちらがその詳細情報。
アペラシヨンの詳細規定はこちらで葡萄品種規定についてはコピーさせて頂くと

Les raisins bénéficiant de l’appellation d’origine Muscat du Ventoux doivent provenir uniquement du cépage « muscat de Hambourg ».

ミュスカ・ド・アンブールだけがこの「ミュスカ・デュ・ヴァントー」に適合するという訳です。日本で云うと巨峰かピオーネのようにスーパーに並ぶのでしょうね。

ですからこの品種、フランスではワイン用と云うより食用と捉えた方が良さそうです。

| ワイン雑感 |
| 03:53 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::正式名称 MUSCAT HAMBURG
All Rights Reserved./Skin:oct