ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

MUSCAT OF ALEXANDRIA
Muscat d'Alexandrie B

フランス語表記では上記の通りとなりますがこれはシノニムであり、正式名称は MUSCAT OF ALEXANDRIA カタカナ表記するとマスカット・オブ・アリグザンドリアですが、Forvo の ALEXANDRIA の発音はさまざまです。

フランス語のシノニムをカタカナ表記するとミュスカ・ダレクサンドリでしょうか。

VIVC のパスポートデータはこちら、シノニムはなんと 198 例報告されています。日本名はマスカット・オブ・アレキサンドリアでこちらによると通称「アレキ」とか。(私は初耳です)

この葡萄ですが贈答品の果物としてデパートでお高く販売されてきた歴史を持っています。

さてこの葡萄、拙ブログで何度か取り上げたことがありますが VIVC のパスポートデータによると次の通りの交配種となっています。

MUSCAT BLANC A PETITS GRAINS × AXINA DE TRES BIAS
Prime name of pedigree parent 1 MUSCAT A PETITS GRAINS BLANCS
Prime name of pedigree parent 2 AXINA DE TRES BIAS

即ち母親が前述のミュスカ・ア・プティ・グラン・ブラン、父親がイタリア原産の黒品種アキシーナ・デ・トレス・ビアス。

父親に当たる AXINA DE TRES BIAS のVIVC パスポートデータはこちらで用途は食用葡萄とのこと。マスカット・オブ・アリグザンドリアはワイン用であり、食用でもありまた干し葡萄用としても使われるのは父親譲りなのでしょうか。

葡萄房の画像はこちらをご覧下さい。
画像並びに説明は元祖フランス葡萄品種のサイトからこちら、新フランス葡萄品種のサイトからこちら、ル・フィガロのワインサイトからこちらをご覧下さい。

日本では貴重品扱いですがフランスでは 2011年現在 2,636ha も栽培されています。

アペラシヨンを有するワインとしては De vignes en vins... のサイトからこちらをご覧下さい。アペラシヨン・パレット以外はヴァン・ドゥー・ナチュレル、天然甘口ワインであります。

天然甘口ワインは文化の違いでしょうか、フランスに行けばよく見掛けるのですが日本では殆ど見掛けることのないワインの類であり、私の場合食後に同じ甘口ならポルトを飲んでしまいます。

| ワイン雑感 |
| 07:05 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::MUSCAT OF ALEXANDRIA
All Rights Reserved./Skin:oct