ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mouyssaguès
Mouyssaguès N

読み辛い名前ですがカタカナ表記すると「ムイサゲス」、Forvo の発音はこちらで「イ」にアクセントがあります。中国名は「無為捜索」かどうかは知りませんが、探してもなかなか見付からないのがこの品種。これホンマのお話。

それもそのはず、こちらをご覧下さい。栽培面積を表すグラフの通り 2011年現在僅か 0.1ha 、フランス全土で 10 アールしか栽培されていないのですから捜索困難であります。

拙ブログではこちらこちらでご紹介しました。ですが栽培面積がほんの僅かな訳ですから AOCアントレーグ・ル・フェル、AOC エスタンの補助品種としての存在も危ぶまれるはずです。

画像は先程ご紹介した新フランス葡萄品種のサイトの他元祖フランス葡萄品種のサイトル・フィガロのサイトをご覧下さい。

ムイサゲスが正式名称でシノニムは 6 例

FARINEUX
NEGRET
PEY DE GORP
PEYREGORD
PLANT DU PAUVRE
ROUGE MENU

アペラシヨンを有するワインに使うことが可能な葡萄としては最も栽培面積の小さな葡萄であると申し上げて差し支えないはずです。

| ワイン雑感 |
| 05:02 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Mouyssaguès
All Rights Reserved./Skin:oct