ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mourvaison
Mourvaison N

ムルヴェゾンでしょうか、Forvo の発音はこちら、「ムフヴェゾン」って聞こえるようにも思いますが如何でしょうか。フランス農学研究所関連サイトによるとフランスは Provence-Alpes-Côte d'Azur プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール地域圏の原産とされる黒品種です。

abcduvin.com によるとシノニムは 9、VIVC によるとシノニムは10 報告されていて

MARVAISON
MOUENC
MOURVEDOUM
MOURVEDOUN
MOURVESON
MOURVESOUM
MOURVEZON
NEGRAU
NEGRETTE
RAISIN DES MAURES

最後のシノニムはもろに IGP の名前そのまま「モールの葡萄」となってます。ちょっと前まではヴァン・ド・ペイでしたけど今は IGP Maures (モール)、ちなみにその法令はこちら。星の数ほどという訳ではありませんがやたらと多い葡萄品種の中にこの品種名は確かに存在します。

画像を見てみましょう。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら、新フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。

後者によると 1958年から 1968年にかけては 118ha 、117ha とそこそこ栽培されていたにも拘わらずそれ以降は激減、2011年現在僅か 3ha となっています。

アペラシヨンを有するワインに使われないとなるとその栽培面積は極端に落ちてしまいます。ですがこのムルヴェゾンを葡萄品種規定に載せている IGP は沢山存在します。まことに奇妙な葡萄品種規定、実情に即していないのは明らかであります。

余談ですけど例のお高い葡萄品種事典にこの品種は載っていません。

| ワイン雑感 |
| 06:09 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Mourvaison
All Rights Reserved./Skin:oct