ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mondeuse blanche
Mondeuse blanche B

モンドゥーズ・ブランシュ、Forvo の発音はこちらこちら、お聞きの通りですから、カタカナ読みそのままで通じるはずです。この品種はあまり知られていませんが、モンドゥーズ・ブランシュを母、DUREZA デュレーザを父として生まれた SYRAH シラーはご存知の方が多いはず。

シラーとモンドゥーズ・ノワールを親戚関係とするサイトを見掛けますが間違いであります。

モンドゥーズ・ノワールとモンドゥーズ・ブランシュとは名前こそ似ていますが系統の異なる葡萄であることが分かっています。モンドゥーズ・ブランシュはモンドゥーズ・ノワールの白化突然変異種ではありません。シラーについては拙ブログのこちらで一度書きました。

さて画像をご覧下さい。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら新フランス葡萄品種のサイトこちら、ル・フィガロのワインサイトはこちらをご覧下さい。VIVC のサイトはこちらですが残念ながらこの品種の画像はありません。

一番新しいデータは「新」のサイトですが、フランスに於ける栽培面積は 2011年現在僅か 7ha 、栽培しているのはサヴォワもしくはビュジェですので調べてみましょう。

先ずは AOC Bugey の葡萄品種規定は次の通りです。

AOC « Bugey »
Vins blancs
- cépage principal : chardonnay B ;
- cépages accessoires : aligoté B, altesse B, jacquère B, mondeuse B, pinot gris G.
何も伴わないアペラシヨン・ビュジェの白スティルワインの主要品種はシャルドネ・ブラン、補助品種としてアリゴテ、アルテス、ジャケール、モンドゥーズ・ブランシュ、ピノ・グリ。

Vins rouges
gamay N, mondeuse N, pinot noir N.
同じく何も伴わないアペラシヨン・ビュジェの赤ワインはガメイ・ノワール、モンドゥーズ・ノワール、ピノ・ノワールのどれか1種類。

Vins rosés
- cépages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cépages accessoires : mondeuse N, pinot gris G, poulsard N.
同じく何も伴わないアペラシヨン・ビュジェのロゼの主要品種はガメイ・ノワール、ピノ・ノワールで、補助品種としてモンドゥーズ・ノワール、ピノ・グリ、プルサール。

Vins mousseux ou pétillants blancs
- cépages principaux : chardonnay B, jacquère B, molette B ;
- cépages accessoires : aligoté B, altesse B, gamay N, mondeuse B, pinot gris G, pinot noir N, mondeuse N, poulsard N.
何も伴わないアペラシヨン・ビュジェの白のヴァン・ムスーもしくはペティヤンの主要品種はシャルドネ・ブラン、ジャケール、モレット。補助品種としてアリゴテ、アルテス、ガメイ・ノワール、モンドゥーズ・ブランシュ、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、モンドゥーズ・ノワール、プルサール。

Vins mousseux ou pétillants rosés
- cépages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cépages accessoires : mondeuse N, pinot gris G, poulsard N.
何も伴わないアペラシヨン・ビュジェ、ロゼのヴァン・ムスーもしくはペティヤンの主要品種はガメイ・ノワール、ピノ・ノワール。補助品種はモンドゥーズ・ノワール、ピノ・グリ、プルサール。

Dénomination géographique complémentaire « Manicle »

Vins blancs
chardonnay B
地域名称マニクルを伴う白ワインはシャルドネ・ブランだけ。

Vins rouges
pinot noir N
地域名称マニクルを伴う赤ワインはピノ・ノワールだけ。

Dénomination géographique complémentaire « Montagnieu »
Vins rouges
mondeuse N
地域名称モンタニューを伴う赤ワインはモンドゥーズ・ノワールだけ。

Vins mousseux ou pétillants blancs
- cépages principaux : altesse B, chardonnay B, mondeuse N ;
- cépages accessoires : gamay N, jacquère B, molette B, pinot noir N.
地域名称モンタニューを伴う白のヴァン・ムスーもしくはペティヤンの主要品種はアルテス、シャルドネ・ブラン、モンドゥーズ・ノワール。補助品種としてガメイ・ノワール、ジャケール、モレット、ピノ・ノワール。

Dénomination géographique complémentaire « Cerdon »

Vins mousseux rosés de type aromatique
gamay N, poulsard N.
地域名称セルドンを伴うロゼのヴァンムスーはガメイ・ノワールとプルサール。

DISPOSITIONS GENERALES

AOC « Bugey »
Vins blancs
La proportion du cépage principal est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Vins rosés
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Vins mousseux ou pétillants blancs
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Vins mousseux ou pétillants rosés
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Dénomination géographique complémentaire « Montagnieu »
Vins mousseux ou pétillants blancs
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

それぞれの主要品種の割合は70パーセントかそれ以上。

DISPOSITION PARTICULIERE
Ces obligations ne s’appliquent pas aux opérateurs producteurs de raisins ne vinifiant pas leur production, exploitant moins de 1,5 hectare en appellation d’origine contrôlée.
例外措置として 1.5ha 以下の葡萄畑を持ち、ワインを醸造している場合はこの限りではない。即ち1.5ヘクタール以下のドメーヌは上記の割合を遵守しなくてもよいと云うこと。

と云うことで結論はアペラシヨン・ビュジェの地域名称を伴わない白ワインと同じく白のヴァン・ムスーとペティヤンに限り使用は認められるがあくまで補助品種。即ち必要性は無い品種とのことです。ですから栽培面積が減少しても仕方ないことであります。

それにしてもこの葡萄品種規定、モンドゥーズ・ノワールもモンドゥーズ・ブランシュもその名前は省略してあるのか、表記は上記の通り「mondeuse N」とか「mondeuse B」という具合であり、フランス農水省が定めるフランス政府公式葡萄品種名称とは食い違いがあります。まあよその国の取り決めでありますから別にどうでも良いことかも知れませんが、正式名称の MONDEUSE NOIRE 、MONDEUSE BLANCHE を使う方が分かりやすく間違うことが少ないはずであります。

| ワイン雑感 |
| 01:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Mondeuse blanche
All Rights Reserved./Skin:oct