ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

PINOT MEUNIER
Meunier N

Meunier N というのはフランス政府が独自に定める名称であり、世界中に通用する正式名称は PINOT MEUNIER ピノ・ムニエ、PINOT NOIR の葉の裏に毛が生えるという突然変異種であります。これは寒さに対して自己防衛のための突然変異と考えられています。ですが現在ピノ・ムニエの一部のクローンで毛に覆われない葉を持つものがあります。元はといえばピノ・ノワールのはずですから「先祖返り」のクローンがあっても不思議ではないということでしょう。
Forvo の発音はこちらをお聞きください。普通に「ピノ・ムニエ」と聞こえるように思います。

先ずは画像をご覧ください。VIVC から葡萄房の大きさが分かるのはこちら。ちなみにピノ・ノワールの葡萄の房はこちら。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら、新フランス葡萄品種のサイトはこちら、ル・フィガロのワインサイトはこちらをご覧ください。

栽培面積ですが VIVC のデータはこちら、新フランス葡萄品種のサイトはこちらのように、フランスは11,000ha 前後で推移し次に多いのはドイツです。しかしこれは報告があった国に限られるデータですので他の国でも当然栽培されているはず。

ル・フィガロのサイトではこの品種が使えるワインの AOC はシャンパーニュ以外にロレーヌオルレアンそしてトゥーレーヌと有ります。検証してみましょう。

先ずはロレーヌ。現在ロレーヌ地方のワインのアペラシヨンといえば Moselle と Côtes de Toul ですので、最初に Moselle 、ドイツと同じモーゼルと発音するのかと思いましたが意外に Forvo の発音はこちら、「ムゼラ」と聞こえるように思うのですが如何でしょう。 AOC Moselle の葡萄品種規定は次の通りです。

1°- Encépagement
a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : auxerrois B, müller-thurgau B, pinot gris G ;
- cépages accessoires : gewurztraminer Rs, pinot blanc B, riesling B.
b) - Les vins rosés sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : pinot noir N;
- cépage accessoire : gamay N.
c) - Les vins rouges sont issus du seul cépage pinot noir N.

一昔前のVDQS の法律はこちら、葡萄品種規定をピックアップすると

II. - Encépagement
Pour avoir droit à l'appellation d'origine " Moselle ", les vins doivent provenir des cépages suivants à l'exclusion de tous autres :
Auxerrois (B), Gamay (N), Gewurztraminer (Rs), Meunier (N), Muller-thurgau (B), Pinot noir (N), Pinot blanc (B), Pinot gris (G), Riesling (B).

Le Gamay (N) ne peut intervenir dans l'encépagement que dans la proportion maximale de 30 % de la surface ayant produit le vin d'appellation.

ご覧の通り、VDQS 時代は使えたのですが AOC Moselle では使うことが出来なくなりました

次に AOC Côtes de Toul の葡萄品種規定は次の通りで

1°- Encépagement
a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants : aubin B, auxerrois B.
b) - Les vins rouges sont issus du seul cépage pinot noir N.
c) - Les vins gris sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cépages accessoires : aubin B, auxerrois B, meunier N.

アペラシヨン・コート・ド・トゥールのヴァン・グリの補助品種として辛うじてその存在が認められています

ロレーヌ地方のワイン、この2つの他には IGP Côtes de Meuse コート・ド・ムーズがありますけどこの葡萄品種規定にピノ・ムニエは載っていません。

ではオルレアンはどうでしょうか。オルレアンのアペラシヨンは2つ、先ずは AOC Orléans の葡萄品種規定を見ると

Vins blancs
cépage principal : chardonnay B ;
cépage accessoire : pinot gris G.

Vins rouges
cépage principal : meunier N ;
cépage complémentaire : pinot noir N.

Vins rosés
cépage principal : meunier N ;
cépages accessoires : pinot gris G, pinot noir N.

めでたくアペラシヨン・オルレアンの赤ワインとロゼの主要品種として認められています。

もう1つのアペラシヨン AOC Orléans-Cléry は赤ワインだけのアペラシヨンで葡萄品種はカベルネ・フラン1種類に限られます。

トゥーレーヌは以前拙ブログで詳しく書いたはずですので省略します。

| ワイン雑感 |
| 10:51 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::PINOT MEUNIER
All Rights Reserved./Skin:oct