ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Jurançon blanc B
Jurançon blanc B

南西地方のアペラシヨンと同名ですがこちらは葡萄品種のジュランソンで白・黒ともフランス農水省公式葡萄品種目録に載っています。先ずは白品種のジュランソン・ブランですがこれが正式名称で画像はいつもの元祖フランス葡萄品種のサイトからこちら、新フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。

さてこの2つのサイトを比べると、元祖が「グエ・ブランの子孫」とそのオリジンについて記述しているのに対して新は「le Jurançon blanc B est issue d’un croisement entre la Folle blanche B et le Pruéras B.」即ちフォル・ブランシュとプリュエラスとの交配種であるとしています。ル・フィガロのワインサイトでは元祖同様グエの交配種としています。

VIVC のサイトはこちらで、やはりオリジナル・ペディグリーはグエ、母となる葡萄品種がグエ正式名称ホイニッシュ・ヴァイスであるとしています。

念のためフォル・ブランシュをどちらかの親として生まれた交配種を調べると JURANCON NOIR がありますけどこれはフォル・ブランシュ(母)×COT コットから生まれた品種であり、新フランス葡萄品種のサイトの云う PRUERAS絡みの交配種は VIVC のサイトでは存在しません。

ちなみに Pruéras という品種は存在しますが、新フランス葡萄品種のサイトにはその記載がありません。また元祖のサイトにも Pruéras は載っていません。

新フランス葡萄品種のサイトの表記「Pruéras」が正しいかどうか判りかねますがフランス農学研究所関連サイトではこちらでポワトゥ・シャラント圏シャラント県原産の白品種、VIVC ではこちらでフランス原産の白品種。いずれも表記は Prueras 、PRUERAS となっています。

さてジュランソン・ブランは昔は良く知られたブランデーの原料葡萄でありました。

ところがコニャック、アルマニャックの人気が衰え急速にその栽培面積が激減しています。新フランス葡萄品種のサイトからフランス全土の栽培面積の推移を見ると 1958年 5,755ha 存在したのに1968年では1,968ha と大幅減少し、1979年には 641ha 、1988年には137ha 、2000年には 21ha 、2008年 12ha で、2011年には1桁の 6ha になってしまいました。

アルマニャックの葡萄品種規定は拙ブログのこちらで触れましたが AOC Armagnac の葡萄品種規定をコピーしますと

1° Encépagement :
Les vins destinés à l'élaboration des eaux-de-vie sont issus des cépages suivants : baco blanc B, blanc dame B, colombard B, folle blanche B, graisse B, jurançon B, mauzac B, mauzac rosé Rs, meslier saint-françois B, ugni blanc B.

即ちバコ・ブラン、ブラン・ダム、コロンバール、フォル・ブランシュ、グレス、ジュランソン・ブラン、モーザック・ブラン、モーザック・ロゼ、メリエ・サン・フランソワ、そしてトレッビアーノ・トスカノ。

コニャックの葡萄品種規定は AOC Cognac から

1° Encépagement :
Les vins destinés à l'élaboration des eaux-de-vie sont issus des cépages suivants :
― colombard B, folle blanche B, montils B, sémillon B, ugni blanc B ;
― folignan B, représentant au maximum 10 % de l'encépagement.

コロンバール、フォル・ブランシュ、モンティル、セミヨン、トレッビアーノ・トスカノでフォリニャンは最大で10%まで栽培可とされています。

11° Mesures transitoires :
b) Encépagement.
Le jurançon blanc B, le meslier saint-françois B et le sélect B ne sont autorisés que pour les vignes en place avant le 18 septembre 2005. Ils figurent dans l'encépagement jusqu'à la récolte 2020 incluse.


経過措置として2005年9月18日以前に植えられていたジュランソン・ブラン、メリエ・サン・フランソワとセレクトは 2020年の収穫まで使えるとのこと。

De vignes en vins... にピノー・デ・シャラントに使えるとありますが現在のピノー・デ・シャラントの葡萄品種規定は次の通りです。

V. - Encépagement
Les vins de liqueur blancs sont élaborés à partir de moûts issus des cépages suivants :
cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, colombard B, folle blanche B, jurançon blanc B, merlot blanc B, merlot N, meslier Saint-François B, montils B, sauvignon B, sémillon B et ugni blanc B.

Les vins de liqueur rosés ou rouges sont élaborés à partir de moûts issus des cépages suivants : cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, malbec N et merlot N.

従ってピノー・デ・シャラント赤、同ロゼ、同白のうちジュランソン・ブランが使えるのはピノー・デ・シャラント白ヴァン・ド・リキュールに限られます。一応ワインの類なのですけど、普通のワインとは性質が異なるので敢えてヴァン・ド・リキュールと書きます。

| ワイン雑感 |
| 05:10 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Jurançon blanc B
All Rights Reserved./Skin:oct