ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Joubertin
Joubertin

おやおやヘンですね、末尾の葡萄果皮色を示すローマ字が見当たりません。「無色」なのでしょうか? 念のため申し上げますがこのリストは時折更新されるみたいで、内容が変わることがあります。今私が取り上げているリストは Mise à jour : 20/02/2012 と右上に表記のある 2012年 2月 20日版であります。

おっと最新版が発表されていました。2012年 12月 7日版はこちらです。でも訂正されていませんね^^。これからは最新版であるはずのこのヴァージョンを使いたいと思いますので一応ウェブ魚拓を取らせて頂きました。

さて取り敢えずは画像をご覧になれば一目瞭然ですがジャケールと同じサヴォワ地方特産の葡萄で、こちらは果皮の黒い黒品種であります。
拙ブログではこちらで述べましたが、ヴァン・ド・サヴォワもしくは単にサヴォワの赤とロゼのスティルワインにイゼール県のために使用できる黒品種として認められている品種の一つであります。

フランス語の発音は恐らくジュベルタン、決してジュヴレ・シャンベルタンの省略形ではございません。

その画像は元祖フランス葡萄品種のサイトからこちら、また新フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。どちらもこの品種はPersan NPeloursin N の交配種としています。

また後者の栽培面積推移グラフを見ると 2011年現在僅か 0.1ha とまさしく絶滅寸前であります。

VIVC のサイトはこちらで、母 PERSAN ペルサン、父 PELOURSIN ペルーサンの間に生まれた(自然)交配種としています。

シノニムは次の通り6種類報告されています。

JAUBERTIN
PINOT JOUBERTIN
PLANT D'AIX
PLANT DE LA CLAYE
PLANT DE LA MURE
PLANTE DE LA MURE

念のためアペラシヨン・サヴォワ(クリュや地域名称を伴わない)赤・ロゼのスティルワインの葡萄品種規定は次の通りです。

Vins tranquilles rouges et rosés :
gamay N, mondeuse N, pinot N, et :
- pour le département de la Savoie : cabernet franc N, cabernet sauvignon N, persan N ;
- pour le département de l’Isère : persan N, étraire de la Dui N, servanin N, joubertin N.

サヴォワの赤とロゼのスティルワインではガメイ・ノワール、モンドゥーズ・ノワールそしてピノ・ノワールが使えます。但しサヴォワ県のためにカベルネ・フラン、カベソー、ペルサンが使用でき、イゼール県のためにペルサン、エトレール・ド・ラ・デュイ、セルヴァナンそしてジュベルタンを使うことが出来ます。

フランス全土で僅か 0.1ha という栽培面積にも拘わらず各地の IGP 葡萄品種規定にその名があるのはまことに遺憾であります。

| ワイン雑感 |
| 12:17 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Joubertin
All Rights Reserved./Skin:oct