ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Manseng Gros Blanc
Gros Manseng B

普通はグロ・マンサンで通っていますが正式名称は MANSENG GROS BLANC マンサン・グロ・ブラン。 Forvo の発音はこんな感じで「グホ・モンサン」って聞こえるように思いますが如何でしょう。

画像は新フランス葡萄品種のサイトからこちら、元祖フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。

葡萄の房ですがグロ・マンサンとは太ったあるいは大きいという意味の形容詞「Gros」を伴うこちらと逆に小さいという形容詞「Petit」を伴うこちらを見比べるとよくお分かり頂けると思います。

この VIVC の拡大画像、今まで気が付いていたのですが旧プロバイダーのときは重くてなかなか開けませんでした。ですが光回線使用のプロバイダーに変更してから即座に閲覧できるようになったのです。葡萄房の大きさが(横に並んでいるメジャーから)数字で読み取れるので便利です。

さてこの葡萄の原産地はフランスとスペインの国境付近のはず。

フランス農学研究所関連サイトはこちらで、やはりピレネー原産としてバスク地方のシノニム、Ichiriota zuria handia イチリオータ・ズリア・アンディア(多分)を挙げています。

つづく
| ワイン雑感 |
| 06:24 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Manseng Gros Blanc
All Rights Reserved./Skin:oct