ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Goldriesling B
Goldriesling B

最近拙ブログをご覧頂いた皆様に申し上げます。フランス農水省公式登録葡萄品種目録 LISTE A1 DES VARIETES DE VIGNE INSCRITES AU CATALOGUE OFFICIEL のリスト A1 Mise à jour : 20/02/2012 に基づいてアルファベット順にその実情を探っています。今取り上げているのはワイン用の葡萄品種についてです。今の時点での最新版、しょっちゅう更新があるので悪しからずご了承の程お願い申し上げます。

さて本日のお題はどう見ても英語のゴールドリースリング、末尾の B は果皮の色の略号 BLANC 即ち果皮が緑色で果汁は透明な白ワイン用の品種です。
昨日のゲヴュルツトラミネールは本カタログでは Rs 即ちロゼ色としていますが VIVC のサイトではロゼではなく Rg 即ちルージュ、赤色としています。

さてこのゴールドリースリング、一応フランス語のリストなのでフランス語的発音は Forvo のサイトからこちらを開いてお聞き下さい。普通にゴールドリースリングと聞こえるはずですが如何でしょうか。

画像は新フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。
どういう訳か元祖フランス葡萄品種のサイトには載っていません。VIVC のサイトから4つあるシノニム(GOLDMUSKAT 、RIESLING DORE 、RISLING KHATIV 、RISLING ZOLOTISTYI )も元祖のサイトには載っていません。

画像はありませんがフランス農学研究所関連サイトにはこちらの通り

Obtenteur : Oberlin
Nom de la mère : Riesling
Nom du père : Précoce de Malingre

即ちオーベルラン氏によりリースリングを母、プレコス・ド・マラングルを父として生まれた品種としています。

VIVC のサイト

Original pedigree  RIESLING WEISS × MALINGRE PRECOCE

Prime name of pedigree parent 1  RIESLING WEISS

Prime name of pedigree parent 2  MALINGRE PRECOCE

Breeder Oberlin, Christian

としています。Précoce de Malingre は正式名称 MALINGRE PRECOCE マラングル・プレコスのシノニムの一つであり、リースリングの正式名称は RIESLING WEISS リースリング・ヴァイスですので2つの説は同一であります。

ですが、abcduvin.com では

Riesling × Muscat précoce de Saumur
としていてフランス農学研究所や VIVC と異なる見解を示しています。これと同じ説を唱えるのがこちらとかこちらです。

このリースリング×ミュスカ・プレコス・ド・ソミュールに相当する品種は調べてみたら

BOUQUETRIESLING 1609  RIESLING WEISS × MUSCAT PRECOCE DE SAUMUR

FEINRIESLING 4078  RIESLING WEISS × MUSCAT PRECOCE DE SAUMUR

FRUEHRIESLING 4271  RIESLING WEISS × MUSCAT PRECOCE DE SAUMUR

の3つが該当しますが肝心のゴールド・リースリングは該当しません。よって abcduvin.com など3つの説は妥当ではないと考えます。

さてこのゴールドリースリング、アペラシヨンを取得しているワインでの使用例はなく専ら IGP の葡萄品種規定(IGP Var など多数のIGP に見られます)に載っているだけであります。ですが1979年という古いデータでたったの 6ha という栽培面積だけですので現在フランスで植えられているのか、甚だ疑問であります。

| ワイン雑感 |
| 02:39 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Goldriesling B
All Rights Reserved./Skin:oct