ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Gamaret
Gamaret N

怪獣ガメラとちゃいます、ガマレでしょうかギャマレのように聞こえるかも知れませんが Forvo の発音はこちらです。

フランス農水省公式葡萄品種目録に登録されているのですが、この品種はフランス原産ではなくスイスで交配により生まれた黒品種、誕生したのは比較的最近の 1970年ということです
画像のある元祖葡萄品種のサイトや新フランス葡萄品種のサイトを見るとガメイ・ノワールと Reichensteiner B ライヒェンシュタイナーの交配で生まれたとあります。

ではライヒェンシュタイナーとはどんな葡萄なのでしょうか?

VIVC のサイトからこちらをご覧下さい。ライヒェンシュタイナーは1939年にドイツのラインガウ地方ガイゼンハイム研究所に於いてMUELLER THURGAUを母、MADELEINE ANGEVINE × WEISSER CALABRESER という名称の品種を父として生まれた品種です。

このように固有名称を持たない「母の品種名×父の品種名」表示の品種は別に不思議なことではありません。
例えばこのガマレの交配に成功したスイスの研究所、la station federale de Viticulture de Changins ではガマレと同じ親品種同士の交配でガマレの他に GAMAY × REICHENSTEINER A-20 、GAMAY × REICHENSTEINER C-43 、GAMAY × REICHENSTEINER D-26 という3つの品種を生み出しています。

ライヒェンシュタイナーの母方、ミュラー・トゥルガウについては拙ブログのこちらをご覧下さい。

父方の MADELEINE ANGEVINE × WEISSER CALABRESER はフランス原産のマドレーヌ・アンジュヴィーニュを母、イタリア原産のカラブレーゼを父として生まれた品種であることは分かっているものの固有の品種名ではなく「母×父」のまま登録されています。

ややこしいですが、マドレーヌ・アンジュヴィーニュはフランス原産のブラン・ダンブルを母、マドレーヌ・ロワイヤルを父として生まれた品種。この辺で止めておきますが遡るとまだ少しあります。

さてさて、このガマレを使うことの可能なワインのアペラシヨンはフランスにはありませんがスイスでは存在します。フランスと同じくAOC と IGP でのワイン法が確立されているとのことですが AOC Les Cotes de l'Orbe の葡萄品種規定にこの品種が載っているはずです。

スイスでの2007年葡萄品種栽培状況を見るとこのガマレの占める割合は2パーセント。白品種のシャルドネ・ブランと同じと云うことは結構メジャーな品種であることが窺えます。

もちろんフランスの IGP CALVADOS 、IGP COTEAUX DE L'AUXOIS 、IGP SAONE-ET-LOIRE などのフランス IGP の葡萄品種規定には載っています。実際に使われているかは別ですけどね。


| ワイン雑感 |
| 07:58 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Gamaret
All Rights Reserved./Skin:oct